音楽を描いた画家、パウル・クレー【NADiffオススメBOOK】

2017.11.30
木曜日連載、アート・ブックショップ「NADiff(ナディッフ)」各店による今読むべき1冊。今週は、『パウル・クレー 絵画と音楽』。東京・渋谷の支店 NADiff modern(東京都渋谷区道玄坂2-24-1 Bunkamura地下1階)によるご紹介です。


■『パウル・クレー 絵画と音楽』 ハーヨ・デュヒティング(著)、後藤文子(訳)

色の濃淡が音のうねりを想起させ、まさに「音楽を絵にした」とされるクレーの絵画。

オペラなどに想を得た作品の制作はもとより、リズム、音の調和など音楽を形作る要素や、五線譜、音符などの記号を絵画のための素材として、新しい表現を次々と生み出した。
それはバイオリニストとしての音楽経験にのっとり、美術学校の教師として音楽と美術の関係を探求したゆえの成果だったといわれている。

クレーは後半生をナチスに追われて故郷のスイスに亡命せざるをえなかった苦しい状況の中で共に助け合った画家がいたといわれている。

それは、ドイツ生まれの画家オットー・ネーベルである。
バウハウスでクレーと出会い長きにわたる友情を育みその後も影響を与えあったといわれ、彼も自らをオーケストラの指揮者になぞらえ音の表現を色とフォルムに置き換えた作品を数多く残している。

現在、Bunkamuraザ・ミュージアムでは、「オットー・ネーベル」展が開催中。
パウル・クレーをはじめ親交の深かったカンディンスキーやシャガールなどの作品も展示されている。
音楽が想起される自由でリズミカルな線の造形と色彩明暗の諧調をお楽しみください。


【書籍情報】
『パウル・クレー 絵画と音楽』
著者:ハーヨ・デュヒティング
翻訳:後藤文子
出版社:岩波書店
四六判変形/111ページ
発刊:2009年5月
価格:3,000円

【展覧会情報】
「オットー・ネーベル展 シャガール、カンディンスキー、クレーの時代」
会場:Bunkamura ザ・ミュージアム
住所:東京都渋谷区道玄坂2-24-1地下1階
会期:10月7日~12月17日 ※11月14日は休館
時間:10:00~18:00(金・土曜日は21:00まで、入場は閉館の30分前まで)
料金:一般1,500円(1,300円)、大学・高校生1,000円(800円)、中学・小学生 700円(500円)
※( )内は20名以上の団体料金、前売料金。
※障害者手帳のご提示で割引料金あり、詳細は窓口にて
NADiff
ページトップへ