ディオールがイメージするジョージア・オキーフ。ミューズはジェニファー・ローレンス

2017.11.12

ディオール(DIOR)が、女優のジェニファー・ローレンス(Jennifer Lawrence)を起用した2018年クルーズコレクションのキャンペーンビジュアルを公開した。

同キャンペーンでは、コレクションのインスピレーションにもなったアメリカ人アーティストのジョージア・オキーフ(Georgia O’Keeffe)の世界観をイメージ。アーティスティックディレクターのマリア・グラツィア・キウリ(Maria Grazia Chiuri)は、 ジョージア・オキーフを「ニューメキシコの砂漠に佇む壮麗で厳粛な現代のシャーマン」と讃え、彼女から多くの影響を受けたと話す。撮影は前回に引き続き、フランス人女性フォトグラファーのブリジット・ラコンブ(Brigitte Lacombe)が担当し、オーガニックで穏やかな雰囲気の中、コレクションの核となるフェミニニティーや自然との特別な繋がりを表現した。

ジェニファー・ローレンスが纏うのは、砂漠や荒野の花々を思わせるフラワーモチーフのドレスやロングカーディガンを始め、リラックスしたスタイルへと再解釈された「バー」ジャケットに白いシャツとパンツを合わせたマニッシュなルックなど。スカーフとのレイヤードで魅せるハットスタイルはスティーブン・ジョーンズ(Stephen Jones)によるものだ。装いを完成させるのは、もちろん「J'ADIOR」や「LADY DIOR」といったアイコニックなバッグ。オーガニックな素材使いや華やかな装飾のアクセサリー、ネイティブアメリカンのクラフツマンシップに着想を得たショルダーストラップも独特の存在感を醸し出している。

なお、キャンペーンにも登場した同コレクションの新作バッグは、すでにデリバリーが開始されている。スタッズやカラフルなビーズ刺繍で装飾された「LADY DIOR」や上質なグレインレザー製の「J'ADIOR」、デニム素材の「DIORAMA」など、2018年クルーズコレクションを象徴するバッグがラインアップしている。

Akiko Hanazawa
  • ジェニファー・ローレンスを起用したディオールの2018年クルーズコレクション キャンペーンビジュアル
  • ジェニファー・ローレンスを起用したディオールの2018年クルーズコレクション キャンペーンビジュアル
  • ジェニファー・ローレンスを起用したディオールの2018年クルーズコレクション キャンペーンビジュアル
  • ジェニファー・ローレンスを起用したディオールの2018年クルーズコレクション キャンペーンビジュアル
  • ジェニファー・ローレンスを起用したディオールの2018年クルーズコレクション キャンペーンビジュアル
  • ジェニファー・ローレンスを起用したディオールの2018年クルーズコレクション キャンペーンビジュアル
  • バッグ(41万円)
  • バッグ(46万円)
  • バッグ(65万円)
  • バッグ(36万5,000円)
  • バッグ(81万円)
  • バッグ(71万円)
  • バッグ(60万円)
  • バッグ(46万円)
ページトップへ