【ルック】シャネルが2022-23年秋冬オートクチュール コレクションを発表

2022.07.06
シャネルは、7月5日 日本時間 21:00に、2022/23年秋冬 オートクチュール コレクション ショーを開催しました。

©CHANEL
前回のショーの流れを汲みつつ、イメージを膨らませ実現した2022/23年秋冬 オートクチュール コレクション。グザヴィエ ヴェイヤンが演出した会場のセットは、ストライプやシェイプで遊び心を表現し、視覚的なカモフラージュからインスピレーションを得ています。

「この新しいコレクションでは、ガブリエル シャネルが1930年代に思い描いていたようなスーツや、身体に添ったするロング ドレスが登場します。肩のシルエットが強調されていながらも登場するプリーツのウェディングドレスは、その一例です」

とヴィルジニー ヴィアールは語ります。


©CHANEL
丸みを帯びた肩、スクエア型に開いた背中、ジオメトリックな形状や模様の刺繍は1930年代を彷彿とさせ、極めて「グラフィック」な装飾の構成主義に共鳴しています。これはカール ラガーフェルドが特に思い入れを抱いていたキーワードとなります。「私はグラフィックなアプローチをナチュラルなルックで崩すのも好きです。軽やかでフェミニンで、着るためにデザインされた服。これ以外のものは考えられません」と締めくくりました。


2022/23 年秋冬 オートクチュール コレクション

「2022/23 年秋冬 オートクチュール コレクションは、前回のショーの流れを汲みつつも、実験的余白を残しながらイメージを膨らませていきました」とヴィルジニー ヴィアールは語ります。「グザヴィエ ヴェイヤン、セバスチャン テリエ、そしてシャルロット カシラギ、ファレル ウィリアムス、モデルのヴィヴィアン ローナーなど、私と近しいアーティストたちが、まるでオートクチュールの魔法のように実現します。」

©CHANEL
「この新しいコレクションでは、ガブリエル シャネルが 1930 年代に思い描いていたようなスーツや、身体に添ったロング ドレスが登場します。肩のシルエットが強調されていながらも登場するプリーツのウェディングドレスは、その一例です。レースも同様で、はめこまれたり、再加工や、刺繍などがほどこされたり、あるいは色が加えられています。カラーパレットは、鮮やかなグリーン、カーキ、ベージュ、ピンク、そして多くの黒とシルバーで構成されています」

©CHANEL
ハイジュエリーコレクションの記念すべき年を銘記して、1932 年にガブリエル シャネルがデザインした唯一無二のハイジュエリー コレクション「Bijoux de Diamants(ダイヤモンド ジュエリー)」から、ヴィルジニー ヴィアールは「天体のエレメント」を表現したネックレスを採用しています。ペアリングは「プリーツによく合うから」という理由で作られました。モデルの足もとには T ストラップのパンプスに加え、カウボーイ ブーツも。これはロング スカートにツイストを効かせ、ショー会場となったエトリエ馬術センターとのつながりを持たせています。「このブーツは、シャルロット カシラギが馬にまたがってオープ二ングを飾った前回のオートクチュールのショーにも呼応しています」とヴィルジニー ヴィアールは付け加えます。1970 年代を振り返る一方で、丸みを帯びた肩、スクエア型に開いた背中、ジオメトリックな形状や模様の刺繍は 1930 年代を彷彿とさせ、極めて「グラフィック」な装飾の構成主義に共鳴しています。

©CHANEL
これはカール ラガーフェルドが特に思い入れを抱いていたキーワードとなります。会場のセットは、ストライプやシェイプで遊び心を表現し、視覚的なカモフラージュからインスピレーションを得ています。「グザヴィエ ヴェイヤンは、会場に流れる柔らかな音に誘われ、ゆっくりと最大限に世界観に浸れるように、会場を楽しみながら作り込みました」その自由は、ツイードや大きなメンズハット、つばが大きく広がったケープにも見られます。「私はグラフィックなアプローチをナチュラルなルックで崩すのも好きです。軽やかでフェミニンで、着るためにデザインされた服。これ以外のものは考えられません」

©CHANEL
©CHANEL
©CHANEL
©CHANEL

#CHANELHAUTECOUTURE
編集部
ページトップへ