ハイク、ザ・ノース・フェイスとのコラボもお披露目【2018春夏ウィメンズ】

2017.10.24

吉原秀明と大出由紀子によるハイク(HYKE)が「Amazon Fashion Week TOKYO 2018 S/S」期間中の10月19日、東京・中目黒のショールームで2018年春夏コレクションを発表した。前回に続に続き2回目のAmazon Fashion Week TOKYOでのコレクション発表となった今シーズン。今回もモデルを使った小規模のフロアショーを2回行った。

服飾の歴史、遺産を自らの感性で独自に進化させることをブランドコンセプトにしたハイク。今シーズンのインスピレーションソースとなったのは「Outdoor Clothing」や「Military Clothing」、「Work Clothing」。アウトドアスポーツで使用する服やミリタリー、ワークウェアなど野外で活動するために作られた素材やディテールから着想し、同ブランドならではの感性をプラスして再構築したデザインを見せた。

前回はライダースジャケット、フライトジャケット、アウトドアクロージングからインスピレーションを得たが、今シーズンはMA-1やミリタリーウエアなどがベースになった。丸みを帯びたデザインや袖のポケットを斜めにしたデザイン、ノースリーブなどに変えたり、アシメトリーやボレロにしたり、半透明のプリーツスカートをコーディネートしたりすることで、ドレッシーなデザインなど、まったく違うムードに変えていく。

また、ロゴを胸や後ろ身頃などに付けたボレロ風のコートやプルオーバーなど、ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)とのコラボレーションが登場したことも注目を集めた。ヘビ柄をドッキングさせたコートなど、本格的なアウトドアスポーツウエアもエレガントなムードや力強いムードに仕上げている。

白いシャツやニット、ノースリーブのドレスなども、デザインを取り去りながら、丈を変化させるなど、絶妙なバランスで新しさを出し、既存のアウトドアやミリタリー、ワークウエアとは違うアイテムを生み出している。ミニマリズムでもアバンギャルドでもない独特のコレクションだ。
樋口真一
ページトップへ