LVMHプライズのグランプリ、マリーン・セルの受賞コレクションがドーバー限定で登場

2017.10.26

ドーバー ストリート マーケット ギンザ(Dover Street Market Ginza)にて、若手ファッションクリエーターの育成と支援を目的としたファッションコンテスト「LVMH Young Fashion Designers Prize」の2017年度グランプリを受賞した「マリーン・セル(MARINE SERRE)」の受賞コレクション「RADICAL CALL FOR LOVE」の取り扱いがスタートした。

デザイナーのマリーン・セルはベルギー系フランス人。「アレキサンダー・マックイーンAlexander McQueen)」やラフ・シモンズRaf Simons)期の「ディオール(Dior)」を経て、 現在は「バレンシアガBALENCIAGA)」のデザインチームに所属している。

「RADICAL CALL FOR LOVE」では、スポーツウエアと19世紀中東のコスチュームという対極の要素を一つにした未来的なコレクションを発表。ジャージーやモアレといった近代的なスポーツのコードとカフタンを始めとする伝統衣装をミックスしたハイブリットなデザインが特徴的で、Tシャツ(5万5,500円)、シャツ(7万5,500円)、ジャケット(13万9,500円)、コート(7万5,500円)、ドレス(22万4,500円~)、アクセサリー (1万7,500円~)など、多彩なラインアップが展開される。

なお、「RADICAL CALL FOR LOVE」はドーバーストリート マーケット ギンザロンドンニューヨークシンガポールでのみ展開されるエクスクルーシブなコレクションとなっている。
Akiko Hanazawa
  • マリーン・セル
ページトップへ