ウードと中東原産の花々が織りなすオリエンタルな香り。ルイ・ヴィトンから新作フレグランス「フルール・ドュ・デゼール」登場

2022.06.30
ルイ・ヴィトンは中東の香水文化へのオマージュを捧げるコレクションから新作「Fleur du Désert (フルール·ドュ·デゼール)」を6月30日に発売します。

©LOUIS VUITTON
2018年より中東の香りの文化を探究してきた「LES PARFUMS LOUIS VUITTON(レ・パルファン ルイ・ヴィトン)」は、このたび新境地を切り拓きます。「Ombre Nomade(オンブレ・ノマド)」、「Les Sables Roses(レ・サーブル・ローズ)」「Nuit de Feu(ニュイ・ドゥ・フ)」 、「Pur Oud(ピュール・ウード)*」に続き、メゾンのインハウス・マスター・パフューマージャック・キャヴァリエ・ベルトリュードは、数世紀にわたり世界においてパフュームの象徴とされてきた3つの中東原産の々――極東から地中海にかけて美の象徴であるジャスミン、中東で古代から用いられてきたオレンジ・ブロッサム、そして、ダマスカス原産の最も著名な品種の1つであるローズ――にオマージュを捧げました。ジャックは、このコレクションの5つ目の香りを創作するにあたり、これらの自然の驚異を、ありのままの形で体現したいと考えました。「花々のネクター」と呼ばれるこれらの花々は、豊かで洗練されたオリエンタルな香りの中心に花を咲かせます。それはまさに、パフュームの粋を超えた1つのシグネチャーとなるでしょう。
*日本未発売


砂漠の素晴らしさ

砂漠では、すべての存在感が高まります。この極限状態にある舞台は、太古の昔から人々を魅了し、数々の物語が生まれるきっかけとなってきました。その広大な姿は、私たちをさらなる夢へと誘います。砂漠は、その過酷な環境にも関わらず、目を見張る驚異と忘れがたい感動を秘めています。

砂が広がる世界では、わずかな色であっても人の目を捉え、その足を止めさせます。花冠のような花びら、広大な鉱物の大海原に思いがけず存在する植物──儚さと強さを併せ持つこの花は、自然の猛威に勇敢に立ち向かうことで、より一層壮麗な美を体現します。あらゆる困難にも負けず、不可能を可能にして芽吹く命── まさにそれは、現実と幻想の境界に起こる奇跡です。


花々のネクター

ジャック・キャヴァリエ・ベルトリュードは中東を幾度も訪れる中で、印象的なコントラストを記憶に留めています。 海を囲む不毛の砂丘。灼熱の昼の後に訪れる凍てつく夜。砂漠の中央にそびえ立つ壮麗な宮殿、蜃気楼のように砂の単調さを打ち破る宝物のような建築。「Fleur du Désert 」──砂漠に咲く花を意味するこのパフュームを調香するために、彼はジェッダからほど近いサウジアラビアの砂漠で、朝の散歩中に出逢った緑豊かなオアシスの「絶対的な美」に身を委ねました。不毛な大地に抗う命の力──「極めて楽観的なシンボル」 に心動かされたジャックは、そのイメージをコントラストに満ちたカラフルなシグネチャーつまりオリエンタルな香跡の深みによって高められた、新鮮なフラワーブーケの繊細さと捉えました。

©LOUIS VUITTON
©LOUIS VUITTON
ジャスミン、オレンジ・ブロッサム、ローズ──これら3つの中東に起源を持つ花々は、西洋のパフュームを象徴するものとなりました。「これらの花々は、オリエントのさまざまな地域からキャラバンによってヨーロッパにもたらされました」とジャック・キャヴァリエ・ベルトリュードは語ります。「私のアイディアは、ただ単にこれらの花々が持つ自然の驚異を、ありのままの形で体現することでした」。パフュームの歴史と起源からダイレクトに着想を得た「Fleur du Désert」は、この数千年来におよぶ香りの芸術の発祥地である、中東の確かな貢献を讃えます。ジャックは、自らの生まれ故郷であるグラースを彷彿させ、熟知しているこれらの花々──それも最高品質のものを厳選。ルイ・ヴィトン独自の二酸化炭素抽出法によって得られる2つのエッセンスは、彼の調香の構成の中心を占める新鮮な花々の香りを忠実に再現します。すなわち、オレンジ・ブロッサムのアブソリュートの香りで甘みを添えられたジャスミングランディフローラムは、繊細に輝く香りを放つ一方、センティフォリアローズは花びらの崇高な柔らかさを表現します。この貴重なブーケは、花のネクターとスパイス来の香調を備えたオリエンタルなアコードを纏った、パフュームという芸術への頌歌です。

「目指したのは、オリエンタルなアコードの西洋的な表現ではなく、中東独自の文化と美を真に表現するものでした」
ジャック・キャヴァリエ・ベルトリュード

©LOUIS VUITTON
ルイ・ヴィトンの専属サプライヤーとなったバングラデシュの生産者一家によって作られるウード・アッサム、別名「ブラックゴールド」とも呼ばれる中東のパフュームの宝は、2世紀にわたって蒸留されてきた比類のないエッセンスを通じて類い稀な香りの豊かさを表現します。ウッディで、アニマリック、スパイシー、アンバー...その深い香りは、フローラルブーケの最も柔和な側面に呼応するハニーのノートによってまろやかさを帯びています。砂漠の風のように暖かいシナモンの囁きに触れて、このリッチな香跡はアンブロックスの官能性で肌を包み込みやがてアンブレットシードの自然なムスクの柔らかさへと溶け込みます。貴重な成分に包まれたこの「花々のネクター」は、時が経つにつれて、その絶対的な洗練性を露わにします。


ルイ・ヴィトンと中東──シグネチャーの伝承

2018年に発表した「Ombre Nomade」と共にはじまった「LES PARFUMS LOUIS VUITTON」における中東の香水文化へのオマージュは、原料やインスピレーションをもたらした地域のみに限定されません。ジャック・キャヴァリエ・ベルトリュードは、次々と発表するフレグランスを通じて、彼の個人的な創作プロセスと中東のパフュームとの繋がりを再確認します。両者は、テクスチャーのある洗練されたフレグランスへの絶対的な愛を共有しているのです。祖父の代から続くパフューマーの家に生まれたジャックは、「真に優れたパフュームには、ユニークかつ即座に記憶に残る香りの痕跡がある」と述べています。一言で言えば、それはまさにシグネチャー。初期の頃からこの創作面の信念に導かれて、ジャックは、中東の香水を愛する人々との強い親和性を自然に養ってきました。本コレクションを通じて彼は、西洋の香水ならではの決まりきった香りの枠にとらわれることなく、中東の香水愛好家の文化や好奇心に敬意を表します。「私は、『中東』のパフュームを定義するものはノートからもたらされるものではなく、むしろテクスチャーと複雑さ、つまり紛れもないエレガンスとその存在感であると考えています」とジャックは語ります。

©LOUIS VUITTON
©LOUIS VUITTON

砂漠の色彩

中東にインスパイアされた本コレクションのフレグランスにおいて、ルイ・ヴィトンは砂漠の色彩と神秘の数々のニュアンスを捉える、洗練と力強さを併せ持つブラックのカラーパレットを採用。一見、黒く見える美しいガラスで作られたメゾンのアイコニックなフレグランスボトルは、光にかざすことでその深く鮮やかな色合いを明らかにします。「Fleur du Désert」のボトルは、新鮮な花々が織りなす華やかなコントラストを想わせるピンクがかった煌めきを放ちます。それはまるで、最も美しい砂漠の秘密との出逢いへと誘うように──

オー ドゥ パルファン 「Fleur du Désert」 100 ml 49,500円(税込)
オー ドゥ パルファン 「Fleur du Désert」 200 ml ※国内取扱いなし

2022年6月30日より、一部ルイ・ヴィトン ストアおよび公式サイト www.louisvuitton.comにてお求めいただけます。

©LOUIS VUITTON

【ルイ・ヴィトンについて】
1854年創業以来、ルイ・ヴィトンは、革新とスタイルを組み合わせた独自のデザインを、常に最高級な品質で提供し続けています。現在でも、ルイ・ヴィトンは、トラベルラゲージ、バッグ、アクセサリーなどの製品を通じて、クリエイティブでありながらエレガントで、実用的という、創業者ルイ・ヴィトンが生み出した「旅の真髄(こころ)」の精神を忠実に受け継いでいます。ルイ・ヴィトンというストーリーを作り上げたのは、「大胆さ」でした。伝統を重んじ、歴史の中で建築家アーティストデザイナーに門戸を開き、プレタポルテ、シューズ、アクセサリー、ウォッチ & ファインジュエリー、フレグランスなどの分野を開拓してきたのです。これらの丁寧に製作された製品は、ルイ・ヴィトンがクラフツマンシップにいかにこだわりを持ってきたかという証となっています。

【お問合せ先】
ルイ・ヴィトン クライアントサービス
0120-00-1854

#LouisVuitton #ルイヴィトン #LVParfums


編集部
ページトップへ