フランチェスコ・リッソによる新生マルニ×ポーター、第10弾となるコラボコレクション発売

2017.09.29

マルニ(MARNI)とポーター(PORTER)のコラボレーションコレクション「EXPLORER COLLECTION」が、10月4日に発売される。

このコラボレーションは2013年のクリスマスにスタートし、今回で10回目。記念すべき本コレクションは、2017-18年秋冬シーズンがデビューとなったフランチェスコ・リッソ(Francesco Risso)によるマルニのプリント柄と吉田カバンの名作たちを掛け合わせたモデルが登場する。

バッグ素材としては多く流通しているものの繊細なプリント表現が難しいとされていたナイロンオックスフォードを素材に用い、世界的にも認められている日本の印刷技術職人によりマルニならではの配色の緻密な格子柄をプリント。また吉田カバンのすべてのバッグ素材の裏側に、縫い代などの処理として使用されている、“ほつれ止め”と呼ばれる無色透明なアクリルコーティングを、今回は着色しあえて裏地を見せるデザインになっている。

バッグコレクションには、本格的なアウトドア対応のリュックサック「RUCKSACK」(11万2,000円)、非常に軽量でデイリーユースデザインのバックパック「BACKPACK」(5万4,000円※10月下旬発売予定)、シンプルなトートバッグにショルダーストラップも付いた「SHOULDER TOTE BAG」(4万2,000円※10月下旬発売予定)、フロントのテープがアクセントになっているウエストバッグ「BUM BAG」(3万8,000円)、ポーターの名作であるパスポートケースをマルニプリントで再現した「TRAVEL POUCH」(3万2,000円)が登場。なかでもマルニの新クリエイティブディレクターであるフランチェスコ・リッソは、リュックサック「RUCKSACK」が特にお気に入りだそう。

加えて、ウォレットコレクションには、「LONG WALLET」(3万円)、「HOLDING WALLET」(2万8,000円)、「CARD CASE」(1万5,000円)、「COIN CASE+CARABINER STRAP」(1万4,000円)、「NECK STRAP」(7,000円)がラインアップ。

なお、10月4日から10日まで阪急メンズ大阪1階、伊勢丹新宿店メンズ館2階で発売記念イベントを開催。10月4日から17日までイセタン羽田ストア メンズ ターミナル2にて、25日から31日まで阪急メンズ東京にてポップアップショップがオープン。さらに10月5日から阪急うめだ本店3階と神戸バル店、6日から京都バル店と名古屋イセタンハウス店で発売されたのちには、10月中旬より、ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店・福岡店・金沢店でも展開を予定している。
上西@HEW
  • RUCKSUCK(11万2,000円)
  • BACKPACK(5万4,000円)
  • BUM BAG(3万8,000円)
  • SHOULDER TOTE BAG(4万2,000円)
  • TRAVEL POUCH(3万2,000円)
  • TRAVEL POUCH(3万2,000円)
  • LONG WALLET(3万円)
  • HOLDING WALLET(2万8,000円)
  • HOLDING WALLET(2万8,000円)
  • CARD CASE(1万5,000円)
  • COIN CASE+CARABINER STRAP(1万4,000円)
  • NECK STRAP(7,000円)
ページトップへ