皆川明、隈研吾、緒方慎一郎、原田郁子らと日本ならではの世界観「ケ」美しさを考える展覧会

開催期間:2017.11.17-12.24
2017.09.23

東京・銀座にあるギャラリー、ポーラ ミュージアム アネックスでは、11月17日から12月24日まで、グラフィックデザイナーの佐藤卓をディレクターに迎え、日常の中における「美」について考える展覧会「ケの美」展が開催される。

オルビス株式会社の創業30周年を記念したこの展覧会では、日本人の伝統的な世界観である「ハレ」と「ケ」の「ケ」に着目。隈研吾、皆川明、緒方慎一郎、原田郁子といった各界で活躍しているデザイナーやクリエイターらとともに、あたりまえの日常を意味する「ケ」の中にある「美」について考え、表現する。また会場では、「朝食」「場所」「漢字」の3つのテーマに沿って一般人から寄せられた「ケ」だと考える写真を集めた参加型展示「みんなのケ」も実施される。

全14名の参加クリエイターは、「くるみの木」代表・空間コーディネーターの石村由起子、「SIMPLICITY」代表・デザイナーの緒方慎一郎、作家の小川糸、建築家の隈研吾、放送作家・脚本家の小山薫堂、イラストレーター の塩川いづみ、プロダクトデザイナーの柴田文江、武者小路千家家元後嗣の千宗屋、料理研究家の土井善晴、「クラムボン」ミュージシャンの原田郁子、 「群言堂」代表・デザイナーの松場登美、ミナ ペルホネン(minä perhonen)代表・デザイナー皆川明、落語家の柳家花緑、手芸家の横尾香央留。

同展のディレクター佐藤卓は、「『晴れ着』というように、祝い事や特別なイベントが『ハレ』であるのに対して、毎日繰り返されるごくあたりまえのことが『ケ』にあたります。現代社会は、とかく華やかな『ハレ』が注目を集めますが、その華やかな『ハレ』も、一見退屈にさえ思える『ケ』の充実の上にこそ特別で有難いものとして感じられる」とコメントしている。

【展覧情報】
「オルビス30周年記念『ケの美』展」
会期:11月17日~12月24日
会場:ポーラ ミュージアム アネックス
住所:東京都中央区銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル3階
時間:11:00~20:00(入場は19:30まで)
会期中無休
入場無料
上西@HEW
ページトップへ