タグ・ホイヤーの旗艦店「エスパス タグ・ホイヤー 表参道」が表参道ヒルズへ移転、6月25日にリニューアルオープン

2022.06.18
※写真はイメージです
スイスの高級時計ブランド タグ・ホイヤーの旗艦店「エスパス タグ・ホイヤー 表参道」は、2022年6月25日に表参道ヒルズに移転し、リニューアルオープンします。
https://www.omotesandohills.com/shops_restaurants/shops/007685.html

※写真はイメージです
エスパス タグ・ホイヤー 表参道は、ストアデザインに初めて日本文化である“和”を取り入れ、タグ・ホイヤーのアヴァンギャルドな世界観を表現しました。店内は温かみのある木目や伝統的な畳を採用し日本の文化をオマージュしています。またブランドのDNAであるモータースポーツを彷彿とさせる曲線を描いたショーケースを配置し、壁面にはアーティストコラボレーションしたカースカルプチャーが展示されています。このカースカルプチャーは日本古来から伝わる伝統的な「墨流し」を再解釈した「色流し(しきながし)」という独自の技法で大活躍中のアーティスト、DWS JAPANがエスパス タグ・ホイヤー 表参道のためだけにデザイン、ペインティングしました。アヴァンギャルドで特別なこの作品はエスパス タグ・ホイヤー 表参道でのみご覧いただけます。

※写真はイメージです
最新のコレクション限定モデル、アイコンコレクションである「タグ・ホイヤー カレラ」や「モナコ」、「アクアレーサー」、「タグ・ホイヤー コネクテッド」など幅広く取りそろえています。


今回のリニューアルオープンを記念し、6月25日より、エスパス タグ・ホイヤー 表参道で先行して最新の日本限定モデル「タグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー02Tトゥールビヨン クロノグラフ ジャパンリミテッドエディション」を販売します。このモデルは人気のブラックを基調とし、日本のカラーコードを彷彿とさせる力強い赤をアクセントとしてトゥールビヨン キャリッジとケースバックのサファイアクリスタルに採用しています。ケースバックには日本限定50を表すシリアルナンバーがXX/50と刻印されています。
本モデルは自社製ムーブメント「キャリバー ホイヤー02T」を搭載しています。

6月25日よりタグ・ホイヤーオフィシャルLINEでクーポンプロモーショーンを行っています。館内、館外設置ポスターや公式SNSからLINE新規お友達の方に配布しているクーポンを店頭でお見せいただくとタグ・ホイヤー オリジナルグッズをプレゼントいたします。

https://tag.hr/omotesando_release_line
ギフトには数に限りがございますのであらかじめご了承下さい。

1860年から受け継ぐ高級時計製造の伝統と革新が融合した、タグ・ホイヤーのウォッチメイキングの世界をご堪能いただける新たな「エスパス タグ・ホイヤー 表参道」にぜひお越し下さい。


<エスパス タグ・ホイヤー 表参道>
オープン日:2022年6/25(土)
場所:〒150-0001 東京渋谷神宮前4丁目12番10号本館1F
営業時間:11:00~21:00 / 日曜日 11:00~20:00
電話: 03-5467-4881


<タグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー02T トゥールビヨン クロノグラフ ジャパンリミテッドエディション>



CAR5A8AD.FC6415 / 266万7,500円
キャリバーホイヤー02T搭載トゥールビヨン(COSC認定済み)/ 自動巻き / ロジウムプレートのスーパールミノバ(R)インデックス / ケース径45mm / ブラックPVD加工グレード2チタン製ケース / カーボングレー固定式タキメーターベゼル、ラグ / 反射防止加工ドーム型サファイアクリスタルガラス / ねじ込み式レッドサファイアクリスタルケースバック / ブラックアリゲーターストラップ / 日本限定50本

www.tagheuer.com
Twitter: @TAGHeuerJapan, Facebook: @TAGHeuer, LINE: @tagheuer
https://tag.hr/pr

お問い合わせ
LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン タグ・ホイヤーTEL : 03-5635-7054



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。
PR TIMES
ページトップへ