新宿伊勢丹食品フロアで人気を博した“あの味”が限定で蘇る!食品銘店会大感謝祭が開催中【お惣菜編】

2017.08.25
今年6月に売り場のリニューアル10周年を迎えた伊勢丹新宿店本館地下1階の食品フロア。これを記念し、選りすぐりの新旧ヒットアイテムを展開・販売する「第7回 三越伊勢丹 食品銘店会大感謝祭」が開催している。8月23日から9月5日までの2週間限定で、10年前に人気を博したあの味や、定番品をブラッシュアップしたスペシャルなグルメが登場する。(※8月29日は店舗休業日となる)

三越伊勢丹の食料品フロアに出店する各店舗が加盟する「三越伊勢丹食品銘店会」にバイヤーが掛け合って実現した、この感謝祭。まずは、食品フロア担当の金屋氏にピックアップしてもらった、お惣菜部門のおすすめ5品をご紹介しよう。


「魚久」ぎんだらの京粕漬(焼き魚)
01
1切/1,000円(1日20点限定)

「いつもは漬けた状態のものだけを販売している、人形町『魚久』のぎんだらの京粕漬。これを今回は特別に店頭で焼き、絶妙な火加減でプロが焼いた焼き魚を販売いたします」と金屋氏。人形町の本店でなければ味わえない京粕漬の焼き魚は、香りだけでも食欲をそそられそう。1日20点限定で5日間のみの販売のため、レア度も高め。※8月27日のみ販売休止


「賛否両論 笠原商店」特製さば棒寿司
01
1折/1,200円(1日10点限り)

「予約の取れないお店、『賛否両論』の笠原シェフに特別に作っていただいた、さばの棒寿司です。蕎麦の実と雑穀米で風味豊かに仕上げた酢飯と脂ののった鯖を合わせたもので、差し入れにもおすすめです」。こちらも1日10点限りの販売となるため、争奪戦が予想される名品だ。


「有職」茶巾の極
01
1折/1,000円

「皇室の園遊会でも供されている、赤坂の上方寿司の名店『有職』。こちらの名物である茶巾寿司を、たらば蟹や酢蓮根を加えたスペシャルバージョンにして販売します。どっしりとした食べ応えのある茶巾寿司なので、切り分けて召し上がっていただくのもいいですね」と金屋氏。


「小島商店」国産仔牛のカツサンド
01
3切入/1,100円(各日50パック限り)

「“仔牛の小島”と呼ばれる老舗精肉店『小島商店』の仔牛肉で作ったビーフカツを、メゾンカイザーの食パンでサンドした特製カツサンドです。6日間限定で、実演販売でのご紹介となります」。肉厚でやわらかな仔牛肉の“出来立て”カツサンドが食べられるのはこの機会だけ! 肉にもパンにもこだわった極上の味だ。


「ホテルオークラ」チキンドリア
01
1パック/900円

「日本の洋食の草分けともいわれる『ホテルオークラ』で、人気を博したチキンドリアをご用意しました。お客様からのリクエストにお応えして“あの味”を再現した、復刻メニューです」と金屋氏。洗練と懐かしさを感じさせるチキンドリアは、子どもから年配の方にまで喜ばれそうな一皿だ。
辻あい子
  • 小島商店」国産仔牛のカツサンド(3切入/1,100円)
  • 「魚久」ぎんだらの京粕漬(1切/1,000円)
  • 「賛否両論 笠原商店」特製さば棒寿司(1折/1,200円)
  • 「有職」茶巾の極(1折/1,000円)
  • 「ホテルオークラ」チキンドリア(1パック/900円)
ページトップへ