ルイ・ヴィトンの広告「Series 7」はジェイデン・スミスやソフィー・ターナーがミューズ

2017.07.14

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)より、2017-2018年秋冬コレクションの広告キャンペーン「Series 7」が公開された。

昨シーズンに引き続き、撮影はブルース・ウェーバー(Bruce Weber)が担当。粗野なエレメントとはっきりとしたラインが特徴のインダストリアルな世界を背景に、カトリーヌ・ドヌーヴ(Catherine Deneuve)、ソフィー・ターナー(Sophie Turner)、ライリー・キーオ(Riley Keough)、ジェイデン・スミス(Jaden Smith)といったセレブリティーがニコラ・ジェスキエールのイマジネーションを体現するモデルとして登場している。

ブルース・ウェーバーが描くのは、変化することに喜びを感じるエネルギーに満ち溢れたフェミニンなグループ。モデルたちがストーリーの予期せぬ“侵入者”となって、さまざまなセッティングやビジュアルで登場。映画のような舞台をバックに、誰も見たことのないキャラクターやパワフルなヒロインを演じ、ロマンティックなバレエ仕立てのストーリーを展開する。

今回、モデルを務めた女優のソフィー・ターナーは、「撮影現場の雰囲気は、あまりにも素晴らしく信じられないほどで、同時に、マイアミで親しい仲間たちが集まってくつろいでいるようなリラックス感が漂っていました」とコメント。ジェイデン・スミスは「アート、ファッション、若者という3つのエレメントに同時に影響を与えることができたことは、まさに私にとって究極の夢の実現となりました」と述べている。

なお、ルイ・ヴィトンの公式サイトでは、最新の広告キャンペーンとブルース・ウェーバーが撮影したショートムービーが公開されている。
Akiko Hanazawa
  • ルイ・ヴィトン2017-18年秋冬コレクションの広告キャンペーン「Series 7」
  • ルイ・ヴィトン2017-18年秋冬コレクションの広告キャンペーン「Series 7」
  • ルイ・ヴィトン2017-18年秋冬コレクションの広告キャンペーン「Series 7」
  • ルイ・ヴィトン2017-18年秋冬コレクションの広告キャンペーン「Series 7」
  • ルイ・ヴィトン2017-18年秋冬コレクションの広告キャンペーン「Series 7」
ページトップへ