麻世妙、よみがえる大麻布~聖なる植物、大麻の歴史~【前編】

2015.03.22

日常生活から神道儀礼まで、日本人に欠かせない存在だった“大麻”

四季折々の豊かな自然に恵まれた日本。昔から人々は、身の周りの植物や山に自生する草木の皮や茎の繊維を採り、績み、紡いだ糸で布を織って、暮らしに役立ててきた。

「昔から、日本では葛や藤、和紙の材料とされる楮(こうぞ)、芭蕉などの植物繊維を用いて布を織りあげてきました。素朴で独特な風合いの自然布は、今なお人々に愛され、受け継がれています」と近世麻布研究所・所長の吉田真一郎さんは話す。吉田さんは、30年にわたり日本の自然布を研究、中でも主に江戸時代の大麻布と苧麻布の繊維と糸の研究に取り組んできた。

「縄文時代の遺跡からも大麻の編み生地や紐などが出土しているように、大麻は日本人の暮らしに欠かせない素材として用いられてきました。木綿が普及する江戸時代前までは、日本各地で栽培できる大麻や苧麻が衣料素材の主流でした」

また衣料素材としてだけではなく、大麻は「聖なる植物」として特別視されていた。神道の祭祀では「おおぬさ」と称され、樹皮から採った皮を束ね神様への捧げものにしていた。また聖域を囲む結界の麻紐や神殿に吊るす鈴の縄として今でも大麻が使われている。

「古来より大嘗祭などの祭礼や伊勢神宮の神事には、大麻布で織られた装束を身につけて執り行われています。また伊勢神宮のお札は、神宮大麻(じんぐうたいま)と呼ばれています。昔から人々は、大麻に秘めた力が宿っていることを感じていたんでしょうね」。大麻は日常生活だけではなく神道儀礼に至るまで、あらゆるシーンで役割を担ってきた素材だったのだ。

長年、大麻は庶民向けの衣料素材であり、上布といわれる高級布は苧麻(ちょま、ラミー)で織られたもの、と考えられてきた。実際、徳川家康の上意によって長幅丈尺が定められ、検査合格品にのみ「南都」の朱印が押されてきた「奈良晒(ならさらし)」、また越後の「越後縮(えちごちぢみ)」はどちらも苧麻で織られている。

「これまで上布といえば苧麻、と言われてきました。しかし集めた古布を調査研究する中で、高級な着物から大麻糸が見つかりました。さらに、江戸時代の彦根藩では、苧麻製の上布とは別に大麻100%の晒布(さらしぬの)も製織していたことが判明。私自身、大麻布に触れた時『こんなに柔らかいものだったのか』とこれまでの説を覆す風合いに当に驚かされました」

この大麻で織られた近江の晒布との出合いが、現代へ“大麻布”を蘇らせるきっかけになっていく。

後編に続く。

森有貴子
  • 飛鳥時代から平安時代の租税制度「租庸調」。調とは繊維製品のことであり、調絹(絹製品)や調布(大麻、苧麻や葛の繊維品)と2種類あった
  • 近世麻布研究所・所長の吉田真一郎さん
  • 現在、高級住宅地で知られる港区・麻布は、麻の多く生えていたとちであり、その麻によって布などを織り出していたことによって生じた名であるとされる
  • 近江の大麻布に絣の部分だけ苧麻を用いた江戸時代の着物
  • 江戸時代のものは苧麻製であったが、明治12年以降頃には大麻製の「奈良晒(南部印)」が生産されていた。そんな奈良晒のひとつ
  • 江戸時代のものは苧麻製であったが、明治12年以降頃には大麻製の「奈良晒(南部印)」が生産されていた。そんな奈良晒のひとつ
  • 苧麻で織られた縞柄の「越後縮」はパリッとした風合い。江戸期のもの
  • 鎧の中に着る帷子。縦糸が大麻、横糸が苧麻で織られている。江戸期のもの
  • 木綿製藍染めの道中着。内側は大麻布が使われている。「近世風俗志(守貞謾稿)」によれば、襟元の飾り模様から天保以前のものと推測される
  • 苧麻製「打敷」。なくなった娘の供養に着物を菩提寺に奉納、法事の度に取り出して使ったそう。線香や汁物の後が残る。江戸時代末期のもの
  • 苧麻製「打敷」。なくなった娘の供養に着物を菩提寺に奉納、法事の度に取り出して使ったそう。線香や汁物の後が残る。江戸時代末期のもの
  • 麻世妙、よみがえる大麻布~聖なる植物、大麻の歴史~【前編】
  • 麻世妙、よみがえる大麻布~聖なる植物、大麻の歴史~【前編】
  • 麻世妙、よみがえる大麻布~聖なる植物、大麻の歴史~【前編】
ページトップへ