和紙に描かれた花鳥風月の西洋画、日本人の原風景を刺激する智内兄助個展

2015.02.27

画家の智内兄助による展覧会「智内兄助 展」が3月13日から4月12日まで、「ギャルリー ためなが 大阪」で開催される。

智内は東京藝術大学で油彩画を学んだ後、80年代に入ると和紙にアクリル絵の具で描くという、日本画と西洋画の境界を越えた技法を確立。00年にはパリ個展を開催するなど海外に進出しており、昨年秋にはロンドンでも個展を開催した。その作品はロスチャイルド家で募集されるなど、世界中で注目されている。

同展では「ユートピア(Utopia)」と題された作品群を展示。陣内が近年取り組んでいる、々や山々といった日本人の原風景に迫っている。出展される主な作品は、夜空の青とピンクのコントラストが美しい「天宮花明かり」をはじめ、「地の産声・室戸」「西予島の元」など。作品に共通して登場する色鮮やかな蝶が、幻想的な世界観を演出している。他にも、東京国立博物館の所蔵作品を参考に、神前や仏前に供えた花を描いた「立花 春夏秋冬」も出品される予定だ。

中でも注目なのが、衣桁や屏風にたくさんの衣装を掛け並べた様子を描いた“誰が袖図”の一つ「秋草武蔵野誰ヶ袖」。これは江戸時代のはじめに多く描かれたもので、静物画として見るだけでなく、描かれた着物や香炉の姿に、そこには存在しない遊女などの人物を偲ぶことが出来る。

なお、展覧会の前日である3月12日のレセプションには、智内も参加する予定だ。


イベント情報】
智内兄助 展
会場:ギャルリー ためなが 大阪
住所:大阪府大阪市中央区城見1-4-1ホテルニューオータニ大阪1階
会期:3月13日から4月12日まで
時間:11:00から20:00まで
休館日:なし
HEW
  • 「空守花明り」 89x232cm
  • 「天宮花明り」 110x110cm
  • 「花非花月満つ」 73x184cm
  • 「四億年の旅人 祝・西予Geo Park」 60x73cm
  • 「春やはる」 78x100cm
  • 「濤颪」 100x81cm
  • 「秋草武蔵野誰ヶ袖」97×260cm
ページトップへ