ヴィヴィアン・サッセン国内初ファッション特集撮り下ろし。資生堂『花椿』4月号

2015.03.05

資生堂は3月5日、企業文化誌『花椿』の4月号を発刊した。掲載された記事はスマートフォン向けアプリ「花椿」でも配信される。

今号では“Voyage”をテーマに様々な企画が展開される。その中心となるのがカメラマンのヴィヴィアン・サッセンが撮り下ろしたファッション特集だ。彼女が国内の雑誌でこのような特集を撮り下ろすのは、今回が初の試みとなる。

撮影にあたりサッセンは今回のテーマを“観光(Sightseeing)”、易経における“国の光を観る行為”と解釈。日本独特の光、メイクアップ、ファッション、ポージングを通じて、京都のトラディショナルな風景の中に、彼女らしい異次元の世界観を創造している。

その他、対談連載ではゲストに美術ライターの橋麻里を招き、“美術を翻訳する”という職業の実体へと接近。多和田葉子による短編小説インド・ゲルマンへの」、美術家・森村泰昌の「美の毒な人々」、イラストレーターの浅生ハルミンによる「きれいの顕微鏡」などの連載企画も興味深い。
丸田@HEW
  • 企業文化誌『花椿』の4月号
  • 企業文化誌『花椿』の4月号
  • 企業文化誌『花椿』の4月号
ページトップへ