新たな三陽商会基幹ブランド「マッキントッシュロンドン」1stシーズンお披露目

2015.03.17

三陽商会が3月16日、2015-16秋冬シーズンよりスタートする英マッキントッシュ(MACKINTOSH)とのライセンスブランド「マッキントッシュ ロンドン(MACKINTOSH LONDON)」のファーストコレクションを公開した。

「マッキントッシュ ロンドン」は、今年の6月でライセンス契約が終了する「バーバリー(BURBERRY)」に代わる三陽商会の基幹を位置付けるブランドだ。ターゲットは、社会的ステイタスを持つ45歳以上の男女。クラシックとモダンの共存をコンセプトとし、マッキントッシュの伝統であるクラフトマンシップを重視しつつ、フォーマルからビジネス、カジュアルまでフルアイテムのトータル提案を行っていき、以前からあったブランドのような安定感を顧客へ提供する。

アウターウエアの第1人者としての地位は譲らない」と同社執行役員マッキントッシュ事業部長の永井英明氏。トレンチコートを主軸とし、素材、仕様など、同社がこだわる“上質な物作り"を徹底的に打ち出す。トレンチコートを例にとると、メンズウィメンズのギャバジン素材の使い分け。メンズには、ラミネート加工した素材を用い、また形状記憶で皺になりにくく移動の多いビジネスシーンを考慮。ウィメンズは、細番手で光沢を放つ、しなやかなでエレガントな素材で仕立てている。

アイテムの価格帯は、メンズが、アウター6万3,000円から50万円、スーツ11万円から20万円、シャツ1万5,000円から3万3,000円、パンツ1万9,000円から3万6,000円。ウィメンズは、アウター5万6,000円から35万円、ジャケットドレス5万6,000円から7万9,000円、カットソー1万6,000円から2万6,000円、アクセサリー1万2,000円から18万円など。

売り場は、三越伊勢丹">三越伊勢丹高島屋">高島屋、そごう・西武、Jフロント・リテイリング、地方老舗百貨店などを中心に、全国にある既存のバーバリー店舗を継承しつつ拡大をしていく意向。マッキントッシュブランドの売り上げ目標を300億円(マッキントッシュ ロンドン200億、マッキントッシュ フィロソフィー100億)に設定。7月20日頃から9月5日頃までの約7週間を掛けて、既存バーバリー350弱店舗のおよそ7割に当たる250から260店舗を新ブランドに入れ替える。

加えて、現在アジア顧客から需要が急増しているというバーバリー銀座店を、今後は複合店舗へ転換する計画を視野に入れている。取り扱いは、「マッキントッシュ ロンドン」「マッキントッシュ フィロソフィー」、同じく2015-16秋冬にデビューする「ブルーレーベル・クレストブリッジ」「ブラックレーベル・クレストブリッジ」、オンラインでのみ展開される「サンヨー・エッセンシャルズ(SANYO ESSENTIALS)」などを予定。
編集部
  • マッキントッシュ ロンドン15-16AWウィメンズ
  • マッキントッシュ ロンドン15-16AWメンズ
  • マッキントッシュ ロンドン15-16AWメンズ
  • マッキントッシュ ロンドン15-16AWウィメンズ
  • マッキントッシュ ロンドン15-16AWウィメンズ
  • マッキントッシュ ロンドン15-16AWウィメンズ
  • マッキントッシュ ロンドン15-16AWウィメンズ
  • マッキントッシュ ロンドン15-16AWウィメンズ
  • マッキントッシュ ロンドン15-16AWウィメンズ
  • マッキントッシュ ロンドン15-16AWメンズ
  • マッキントッシュ ロンドン15-16AWメンズ
  • マッキントッシュ ロンドン15-16AWメンズ
  • マッキントッシュ ロンドン15-16AWメンズ
  • マッキントッシュ ロンドン15-16AWメンズ
  • マッキントッシュ ロンドン15-16AWメンズ
ページトップへ