村上隆の国内大規模個展が14年ぶり開催!注目は全長100mの超大作《五百羅漢図》

2015.09.30

日本国内において14年ぶりとなる村上隆の大型個展「村上隆の五百羅漢図展」が、10月31日から3月6日まで森美術館で開催される。

同展の見どころとなるのが、世界の絵画史上最大級の作品である、全長100mに及ぶ超大作《五百羅漢図》。日本初公開となる同作は、東日本大震災でいち早く支援の手を差し伸べてくれたカタールへの感謝を込めて12年にドーハで発表されたものだ。

日本中の美術大学から200人を超える学生を集め、短期間で一気に完成させるという難業に取り組んだ。この《五百羅漢図》は、中国の古代思想で東西南北を司る四神“青竜”、“白虎”、“朱雀”、“玄武”の名を冠した4面で構成されており、宗教と芸術、人間の死や限界などが表現されている。また、村上隆が《五百羅漢図》を制作する大きなきっかけとなった、江戸時代の絵師・長沢芦雪の《方寸五百羅漢図》と、狩野一信が約10年かけて描きあげた《五百羅漢図》も展示。村上隆の「五百羅漢図」と合わせて鑑賞することで、江戸時代の絵師と村上隆の対話を感じることが出来るものとなっている。

その他、村上隆が約10年の歳月をかけて今なお制作し続けているという大型彫刻作品《宇宙の産声》や《欲望の炎-金》から、同展のために制作された代表的シリーズの最新作「727」や「Tan Tan Bo」まで、日本初公開作品の数々が展示される。
なお、同展に合わせてアカデミーヒルズや森美術館オーディトリアムでは、「機動戦士ガンダム」などを手掛けてきたアニメーション監督の富野由悠季、日本美術ブームの立役者のひとりでもある美術史家の辻惟雄、芥川賞作家で福聚寺住職の玄侑宗久などによるトークショーを実施。11月4日には、森美術館オーディトリアムにて村上隆の初監督映画『めめめのくらげ』も上映される。上映後には、村上隆と、同作の出演者であり同展の音声ナビゲーターを務める斎藤工によるトークショーも開催される予定だ。

イベント情報】
村上隆の五百羅漢図展
会場:森美術館
住所:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー53階
会期:15年10月31日~16年3月6日
時間:10:00~22:00(火曜日は17:00まで、11月3日は22:00まで)
料金:一般1,600円、学生(高校生・大学生)1,100円、子供(4歳~中学生)600円
HEW
  • 村上 隆 《五百羅漢図》(部分) 2012 年アクリル、カンバス、板にマウント 302 x 10,000cm 個人蔵
  • 村上隆
  • 村上 隆 《五百羅漢図》2012年 アクリル、カンバス、板にマウント 302 x 10,000 cm 個人蔵展示風景:「Murakami - Ego」アル・リワーク展示ホール、ドーハ、2012年 撮影: GION
  • 村上 隆 《五百羅漢図》制作風景
  • 村上 隆 (タイトル未定)制作中180 x 240cm アクリル、カンバス、アルミニウム・フレームにマウント
  • 村上 隆 《宇宙の産声》制作中 ミクスト・メディア 420 x 293.5 x 230cm Courtesy Gagosian Gallery, New York
  • 村上 隆 《欲望の炎-金》2013年 ブロンズにプラチナ箔 475cm Courtesy Blum & Poe, Los Angeles
  • 村上 隆 (タイトル未定)制作中 170 x 144.7cm アクリル、カンバス、アルミニウム・フレームにマウント
ページトップへ