バリーが東急プラザ銀座に世界最大旗艦店をオープン

2015.12.14

バリーBALLY)が16年3月31日、東急プラザ銀座1階及び2階に新たな旗艦店をオープンする。

これまで、ル・コルビジェ、アンドレ・プットマン、ロベール・マレ=ステヴァン、カール・モーザーなど世界的に著名な建築家コラボレーションを行ってきた歴史を持つバリー。今回設計を担当したのは、ロンドンのニューボンドストリート店も手掛けたデイヴィッド・チッパーフィールド・アーキテクツ(DCA)で、店舗面積は約800平方メートルとバリーにおける世界最大の面積を誇る。

1階では、メンズウィメンズシューズバッグ、レディ・トゥ・ウェアなどをフルラインアップで展開。シューズのメイド・トゥ・オーダーサービスや、シューシャインサービスなども実施する。2階はVIPルームとなる予定だ。
HEW
  • バリーが東急プラザ銀座1階及び2階に新たな旗艦店をオープン
  • バリーが東急プラザ銀座1階及び2階に新たな旗艦店をオープン
ページトップへ