写真を芸術に昇華させたジュリア・マーガレット・キャメロンの日本初回顧展が開催

2016.06.10

7月2日から9月19日まで、東京・丸の内の三菱一号館美術館で「From Life―写真に生命を吹き込んだ女性 ジュリア・マーガレット・キャメロン展」が開催される。

1815年にインドのカルカッタに生まれたジュリア・マーガレット・キャメロンは、48歳の時に独学で写真術を身につけ、記録媒体にすぎなかった写真を、芸術の次元にまで引き上げようと試みた写真家。

1863年末に初めてカメラを手にして制作活動に取り組んだキャメロンは、僅か1年半後にヴィクトリア・アンド・アルバート博物館の前身であるサウス・ケンジントン博物館に63点の作品が買い上げられ、 公的な評価を確立するという快挙を成し遂げた。

本展は、ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館が企画した世界6ヶ国を回る国際巡回展であり、日本初の回顧展。会場では、極めて貴重な限定オリジナルプリント(ヴィンテージプリント)をはじめ、約150点の写真作品や書簡などの関連資料を通じて、キャメロンの制作意図を鮮やかに際立たせつつ、 彼女が切り拓いた美しくも型破りな芸術表現を展覧する。

【イベント情報】
「From Life―写真に生命を吹き込んだ女性 ジュリア・マーガレット・キャメロン展」
会場:三菱一号館美術館
住所:東京都千代田区丸の内2-6-2
会期:7月2日~9月19日
時間:10:00~18:00(金曜、第2水曜、会期最終平日は20:00まで、入館は閉館の30分前まで)
料金:一般1,600円、高校生・大学生1,000円、小・中学生500円
休館日:月曜日(但し、祝日の場合と9月12日は開館)
中村陽介
  • ジュリア・マーガレット・キャメロン《アニー》 1864年 ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館蔵
  • ジュリア・マーガレット・キャメロン《ミューズの囁き》 1865年 ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館蔵
  • ジュリア・マーガレット・キャメロン《ベアトリーチェ》 1866年 ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館蔵
  • ジュリア・マーガレット・キャメロン《五月祭》 1866年頃 ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館蔵
  • ジュリア・マーガレット・キャメロン《ハーバート・ダックワース夫人》1872年 ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館蔵
  • ジュリア・マーガレット・キャメロン《ポールとヴィルジニー》 1864年 ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館蔵
ページトップへ