資生堂が選ぶ芸術家の卵展、注目は食の絵画

2015.01.09

資生堂ギャラリーは第9回「shiseido art egg」展を開催する。期間は1月9日から3月29日まで。

「shiseido art egg」展とは、一般から広く公募した作家にギャラリーを解放するという、若手アーティスト育成のためのプログラム。今年は340件の応募があり、そのうち審査員に選ばれた3人の作品が、各21日間に渡って展示される。

9日から2月1日にかけて開催される川内理香子の個展では、“食”をテーマとした絵画が出品される。身体に取り込んだ異物をエネルギーに変換し、体や精神を形作る食事。川内はその人間と食の不可分な有様を描き続けており、ギャラリーでは壁面を活かして食べ物の持つ存在感が表現される。

その後、2月6日から3月1日には、“家族の記憶”をテーマに現代における家族の在り方を模索する彫刻家、飯嶋桃代の作品を展示。そのうちの一つ、家形のパラフィンワックスには、実際に使われていた古食器が閉じ込められた。表面に露出した部分は切断され、地縁や血縁が希薄となった現代社会を象徴している。

3月6日からの最後の21日間に展示されるのは、狩野哲郎によるインスタレーション。その作品では陶磁器などの人工物、枝や果実などの自然物が本来の役割から解放され、狩野によって生み出される新たな風景のパーツとなる。今回の展示ではギャラリーに鳥が放たれ、その自由な振る舞いによって、コントロール不能な秩序を出現させる。

各展示の2日目には、作家によるギャラリートークが開催される予定。さらに、4月下旬にはサイト上にて、shiseido art egg賞が発表される。


【イベント情報】
第9回「shiseido art egg」展
会場:資生堂ギャラリー
住所:東京都中央区銀座8-8-3東京銀座資生堂ビル地下1階
会期:1月9日から3月29日
時間:11:00から19:00(日曜日・祝日は18:00まで)
料金:無料
休館日:月曜日
HEW
  • “家族の記憶”をテーマに現代における家族の在り方を模索する、彫刻家の飯嶋桃代
  • “食”をテーマとした作品を描く川内理香子
  • 狩野哲郎によるインスタレーション
ページトップへ