サロン・デュ・ショコラ開幕祝し、川原亜矢子がチョコ色ルノーで駆け付ける

2015.01.21

1月21日から25日まで、新宿NSビルにて開催されるパリ発祥のチョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ(Salon du Chocolat)2015」。

開催に先駆け20日、同ビルで催されたプレスプレビューには、早朝から多くのメディア関係者が集結。同日発売となったルノー社製「ルーテシア」の100台限定モデル「ガナッシュ」に乗って、開会式に颯爽と登場したモデルの川原亜矢子、三越伊勢丹ホールディングスの大西洋社長に向けて一斉にフラッシュがたかれた。

「ガナッシュ」は、その名の通り美しいチョコレート色。ルーテシアのデザインテーマである「LOVE=恋に落ちる」を、甘くほろ苦いガナッシュのイメージに重ね合わせたとのことで、チョコレートのように甘く、時にほろ苦い恋の始まりを連想させる。

車から降りた2人を壇上で待ち受けていたのは、パリのサロン・デュ・ショコラ主催者であるフランソワ・ジャンテとシルヴィー・ドゥース。フランソワ氏が「2014年に開催されたパリのサロン・ドゥ・ショコラに駆け付けてくれた大西社長、そして日本のショコラティエのみなさんには大いに感謝している」とお礼を述べると、大西氏は「パリを見習いながらも、日本人独自の感性によって新しいサロン・デュ・ショコラとして発展させていきたい」との構想を明かした。

続けて川原さんも、「(モデルとして)パリで過ごしていた時代、1日1粒のチョコレートがエネルギー源であり勇気をくれる存在でもあった。日本でもこの祭典が大きな盛り上がりをみせたらうれしい」と想いを語った。
松本玲子
  • サロン・デュ・ショコラのプレスプレビューに駆け付けた川原亜矢子(左から2番目)、三越伊勢丹ホールディングス大西洋社長(一番左)、パリのサロン・デュ・ショコラ主催者であるフランソワ・ジャンテ(一番右)とシルヴィー・ドゥース(右から2番目)
  • 会場にはルノー社製ルーテシアの限定モデル「ガナッシュ」が登場した
  • サロン・デュ・ショコラに参加するショコラティエやパティシエと記念撮影する川原亜矢子(手前中央)
  • フランソワ・ジャンテ氏
  • シルヴィー・ドゥース氏
  • 三越伊勢丹ホールディングスの大西洋社長
  • 川原亜矢子(右)、三越伊勢丹ホールディングス大西洋社長(左)
  • サロン・デュ・ショコラに参加するショコラティエやパティシエと記念撮影する川原亜矢子(中央)
  • サロン・デュ・ショコラ会場入り口の様子
ページトップへ