スポティファイで「ニュージーランドの旅を想像しよう」。フレデリックと一緒に旅を思い描くキャンペーンを実施

2022.02.16
ニュージーランド政府観光局 日本事務所は今月、「ニュージーランドのを想像しよう」メッセージ動画の楽曲、フレデリックの「Wanderlust」デジタル配信を祝し2月16日から公式Twitterアカウントで「ニュージーランドSpotifyプレイリストキャンペーン」を実施します。


ニュージーランド政府観光局公式Spotifyプレイリスト 右:動画楽曲を提供しているフレデリックニュージーランド政府観光局公式Spotifyプレイリスト 右:動画楽曲を提供しているフレデリック

https://open.spotify.com/playlist/2dCGOfyowsIjthHkfEz8n5?si=58a451b4215a4632&nd=1

「ニュージーランドの旅を想像しよう」メッセージ動画:
https://youtube.com/playlist?list=PLLJl2-qfKaDuBtA5YForMktCRc8J77v9v

昨年9月末より、ニュージーランド政府観光局は「すべての旅は想像からはじまる」をテーマに、国境が閉ざされた中でもニュージーランドへの旅を想像し、次の旅行先として思い描いてもらうことを目的に、メッセージ動画を配信しました。動画では、日本のラグビー界を代表する姫野和樹選手に、ニュージーランドラグビー界のレジェンドと称されるリッチー・マコウさんが、おもてなしの心でニュージーランドのおすすめの大自然、グルメやアクティビティを紹介しています。動画のために楽曲「Wanderlust」を書き下ろしたのが、年末から今月にかけてのツアーを終え6月には自身初の国立代々木競技場第一体育館公演が決定している大人気バンド、フレデリックです。

Twitter上では「#ニュージーランドの旅を想像しよう」のハッシュタグで、ニュージーランド愛あふれる熱い想いや体験談がたくさんツイートされ、“心新たにまた訪れたい”、“早く行ってみたい! 今すぐ行きたい! ”など、旅を待ち望む人々のコメントがあふれていました。そして今月3日に政府が出入国規制を緩和し、国境再開に向けてより具体的なプランを発表*、ニュージーランドへの渡航がいよいよ現実的になってきました。
* Reconnecting New Zealanders to the World | Unite against COVID-19 (covid19.govt.nz)
URL:https://covid19.govt.nz/international-travel/reconnecting-new-zealand-to-the-world/

2月9日には、フレデリックの「Wanderlust」のデジタル配信がスタートしました。「旅するように自身の内側をさすらいながら、冒険に向かう高揚感や未知への探求心、新しい世界への出会いへのワクワクを込めた」という本楽曲は、旅を想像する気持ちの高まりをスタイリッシュなリズムに乗せて歌い上げられています。また、「Wanderlust」が収録されたフレデリックの最新アルバム「フレデリズム3」が3月30日に発売になります。

フレデリックのメンバーが想像するニュージーランドの旅とは?
三原健司さん「世界一美しい星空と評判のテカポ湖に行ってみたいです。運良くオーロラも見られたら最高だな…!」
三原康司さん「フィヨルドランド国立公園、とても幻想的で澄んだ景色を実際に体験してみたいです。Wanderlustの歌詞を考えるときこの場所を見て旅の想像を膨らませていました。」
赤頭隆児さん「ブラフのブラフオイスターが食べてみたいです!ニュージーランドの自然の中でバーベキューもしたいしコーヒーも飲みたいです!」
高橋武さん「リズム&ヴァインズなどの音楽フェスに行ってみたいし出演してみたいです。ニュージーランドの自然と音楽に直で触れることができたらどんなに素敵だろうと想像するだけでワクワクします。」

レイク・テカポ ©Julian Apse
フィヨルドランド国立公園のアルパインヘリ
自然の中のコーヒースタンド
ウインターフェスティバル
フレデリックオフィシャルウェブサイト https://frederic-official.com/

本キャンペーンでは、公式Twitterで「聴くと“ニュージーランドに行きたくなる”」曲を「Wanderlust」、ニュージーランド政府観光局の選んだ曲の他に一般募集してスペシャルプレイリストを作成、公開します。また、応募者の中から抽選で3名様に、フレデリック「フレデリズム3」オリジナルラゲッジタグをプレゼントします。(賞品の発送は4月以降の予定)


<フレデリックと一緒に作る ニュージーランドSpotifyプレイリストキャンペーン概要>
ニュージーランド政府観光局Spotify公式アカウント 100%Pure New Zealand
プレイリスト名: ニュージーランドに行きたくなる曲
URL:
https://open.spotify.com/playlist/2dCGOfyowsIjthHkfEz8n5?si=58a451b4215a4632&nd=1
●期間:2月16日(水)09:00~2月28日(月)23:59
●募集内容:あなたが「聴くと“ニュージーランドに行きたくなる”」曲とその理由
(ニュージーランド出身のアーティストの曲、ニュージーランドに行った時によく聞いた曲、ニュージーランドをイメージする曲など自由に選曲してください。ジャンルは問いません。)
●応募方法:期間中に「#ニュージーランドに行きたくなる曲」をつけて上記内容をツイート
(応募からプレイリストに入れる曲はニュージーランド政府観光局が選定します。)
●応募規約:https://www.newzealand.com/assets/Tourism-NZ/PDFs/JTC022022.pdf
●賞品:フレデリック「フレデリズム3」オリジナルラゲッジタグ(抽選で3名に)
●発表:プレイリストに採用された曲は3月11日(金) 12:00に公式ツイッターで最終発表。プレゼント当選者の発表は3月11日以降に公式ツイッターのDMにて連絡、賞品の発送は4月以降となります。
当選された方の Twitter アカウントへ当局アカウントより DM(ダイレクト メッセージ)でご連絡します。
ニュージーランド政府観光局公式Twitter https://twitter.com/purenzinjapan
●最終版プレイリスト公開:3月 11日(金)12:00

フレデリック プロフィール
神戸にて結成された三原健司(Vo./Gt.)、三原康司(Ba.)の双子の兄弟と、赤頭隆児(Gt.)、高橋武(Dr.)で編成される4人組バンド。独特なユーモア性と幅広い音楽的背景から生みだされる繰り返されるリズムと歌詞は中毒性が高く、2014年にリリースした「オドループ」はYouTube再生回数1億回を突破(※2022年2月現在)、TikTokでは2020年11月週間楽曲ランキングで1位になるなど現在もなお脚光を浴びている。ライブならではの楽曲アレンジや多彩な演出、そして高い演奏力にも定評があり、どのシーンにも属さない「オンリーワン」なバンドである。

【ニュージーランド政府観光局について】 https://www.newzealand.com/jp/
ニュージーランドを質の高いデスティネーションとしてプロモーションするため、マーケティング活動を行っています。”100% Pure New Zealand” キャンペーンを通じて、ニュージーランドの魅力をより多くの方々へお伝えしています。

Twitter https://twitter.com/purenzinjapan
Facebook https://www.facebook.com/purenewzealand
Youtube https://www.youtube.com/user/TNZJapan
Instagram https://www.instagram.com/purenewzealand/



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。
PR TIMES
  • レイク・テカポ ©Julian Apse
  • フィヨルドランド国立公園のアルパインヘリ
  • 自然の中のコーヒースタンド
  • ウインターフェスティバル
ページトップへ