190年の歴史を重ねてきた時計ブランド「ロンジン」。新年の新たな時を刻む、ニューイヤーキャンペーンを開催

2021.12.27
2022年の幕開け。新しい年の初めに気分や装いもアップデートしたいもの。 スイス・サンティミエにて、190年の歴史を重ねてきた時計ブランドロンジン。豊かな歴史に裏打ちされた革新的な技術とエレガントで洗練されたデザインを持つそのタイムピースは、着ける人の装いとパフォーマンスに品格を加え、新しい年の始まりに寄り添います。

新しい年を確かな技術と歴史を持つ時計とともに
1月2日よりロンジン ロンジン 直営店(銀座、大丸東京小田急新宿およびオンライン)では、ご購入の方に刻印サービスやオリジナルキーリングをご提供するロンジン ニューイヤーキャンペーンを展開。タイムレスな機能美で時代を超えて愛用できるロンジン マスターコレクション の3針のモデルや、ポイントダイアとマザー オブ パールが華やかなレディースモデルなど、新しい挑戦に向かう人の気持ちに寄り添う、タイムピースをご覧いただけます。ギフトラッピングも行っていますので、成人式などのギフトなどにもおすすめです。

長い歴史の中で、強い信念と意志を持ちながら挑戦を重ねてきたロンジン。そのフィロソフィーである「エレガンス」は、ウォッチメイキングの技術が光るロンジンの時計のひとつひとつに宿っています。たゆまぬ革新を続けるロンジンのタイムピースは、重要なビジネスシーンから週末までシーンを問わず腕もとで力強く時を刻みながら未来へと歩む人の生き方に寄り添います。


-キャンペーン情報-
ロンジン ニューイヤー キャンペーン
2022年1月2日(日)~ 1月20日(木)
ロンジン 全商品が対象
ロンジン 直営店(銀座、大丸東京、小田急新宿およびオンライン)限定

<キャンペーン限定特典 >
●刻印サービス
イニシャルや大切な記念日を時計のケースバックに刻印
※商品によっては刻印および印刷ができない場合がございます。
※刻印には、3週間前後お時間を頂く場合がございます。
●ギフトラッピング:ブランドオリジナルのラッピング
●ロンジンオリジナルキーリング:ロンジンの時計をご購入の方にプレゼント数量限定
●2年間有効仕上げサービスチケットプレゼント(ロンジン ブティック銀座限定)

-商品情報-

ロンジン マスターコレクション
リファレンスナンバー:L2.909.4.92.6
キャリバー : 自動巻きムーブメント L899
111/2リーニュ(Æ25.60mm)、21石、25'200振動/時
パワーリザーブ : 72時間
機能:時、分、秒、ムーンフェイズ、6時位置にデイトサークル付きムーンフェイズ
ケース: ラウンド型、ステンレススティール、φ40 mm、サファイヤクリスタル付きシースルーケースバック
ダイアル: ブルー「サンレイ」 、 アプライド インデックス
針: シルバー「ポリッシュ」針
防水: 3気圧(30m)
ブレスレット / ストラップ:ステンレススティールブレスレット、トリプルセーフティフォールディングクラスプ、プッシュボタン式開閉機構

ロンジン マスターコレクション
リファレンスナンバー:L2.409.4.87.0
キャリバー :自動巻きムーブメント L899
111/2リーニュ(Æ25.60mm)、21石、25'200振動/時
パワーリザーブ : 72時間
機能:時、分、秒、6時位置にデイトサークル付きムーンフェイズ
ケース:ラウンド型、ステンレススティール、φ34mm、サファイヤクリスタル付きシースルーケースバック
ダイアル:ホワイトマザーオブパール、12個のダイアモンドインデックス
針:シルバーポリッシュ
防水:3気圧(30m)
ブレスレット / ストラップ:ブルーのレザーストラップ、トリプルフォールディングクラスプ、プッシュピース式開閉システム


-LONGINES(ロンジン)について-
1832年の創業以来、スイスのサンティミエに拠点を構えるロンジンは「伝統、エレガンス、パフォーマンス」を最大限に活かし、優れた時計を生み出しています。また数多くの世界的なスポーツイベントの公式計時のメーカーであり、また国際的なスポーツ連盟のパートナーとして、長年に渡り豊富な実績を築いてきました。「翼のついた砂時計」をブランドロゴとして有するロンジンは、世界最大のウォッチマニュファクチュアであるスウォッチグループのメンバーとして、現在、150カ国以上でビジネスを展開しています。



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。
PR TIMES
ページトップへ