巨大なクリスマスツリーに目を奪われる! フランス最大のクリスマスマーケットをレポート【From cities 世界の都市に憧れてVol.25】

2021.12.21
連載【From cities 世界の都市に憧れて】では、パリミラノ、NY etc...世界の都市の街のこと、注目アドレスやリアルなシティスナップなど、現地からの最旬情報をお届け! 近い未来、また気兼ねなく海外へ行き来できるようになったら行ってみたい、暫くは、そんな気持ちも込めてお送りしていきます。

©FASHION HEADLINE
第25回目は、フランス北東部、ドイツ国境に近いアルザス地方首府の街のストラスブールから。1570年からの起源を持つフランス最大のクリスマスマーケットの模様をお届けします。フランス語で『Marché de Noël』(マルシェ・ドゥ・ノエル)と呼ばれるクリスマスマーケット。ストラスブールには毎年200万人を超える観光客が訪れます。

©FASHION HEADLINE
©FASHION HEADLINE

■大聖堂広場のマーケット(Place de la Cathédrale)

©FASHION HEADLINE
旧市街の中心部にある観光スポット、ノートルダム大聖堂。ストラスブール市内で一番大きいクリスマスマーケットです。夜には一際美しくライトアップされます。

©FASHION HEADLINE
©FASHION HEADLINE
©FASHION HEADLINE
クリスマスツリーのデコレーションにはじまり、地元郷土料理、ベックオフ「Baeckeoffe」といったアルザス地方特有の可愛らしい陶器、スパイスブレッド「Pain d’épices」、アルザス地方のお菓子クグロフ「Kouglof」など、多くの屋台が並びます。日本では見ないユニークなデザインのツリーのオーナメントや、地方色豊かな可愛い食器雑貨に目移りしながら、お土産選びを楽しめます。

©FASHION HEADLINE
小腹が空いたら、ドイツ発祥の焼き菓子パンのプレッツェルも。菓子パンから惣菜パンまであり、種類が豊富!

©FASHION HEADLINE
そして寒さが身に染みるこの時期、定番のホットワイン「Vin chaud」で温まりましょう。レモン、オレンジピール、シナモン、クローブなどのスパイスと砂糖を加えて、大きな鍋で煮込まれたホットワインでポカポカになります。

©FASHION HEADLINE
赤ワインが主流ですが、アルザス地方で生産されるワインの約90%が白ワインという事もあり、変わり種で白のホットワインも。ノンアル派には、ホットアップルジュース。最近はノンアルコールのホットワインまであります。


■巨大なクリスマスツリー(Place Kléber)

©FASHION HEADLINE
©FASHION HEADLINE
クリスマスマーケットで見逃せないのはクレベール広場にある、巨大なクリスマスツリーです。ストラスブールはクリスマスツリー発祥の地とも言われていて、このツリーにこだわりと誇りをもっています。高さ約30mのツリーは、「クリスマスの首都」であるストラスブールのシンボル。特に夜のライトアップは必見。


夜が番のクリスマスマーケット。旧市街全体がイルミネーションで彩られます。



ストラスブールのシンボルである熊が、街中いたる所に飾られているのも愛らしいです。まるで街全体が魔法にかかったおとぎの国のよう。

世界中で開催されているクリスマスマーケット。近場の素敵なクリスマスマーケットを楽しんでみてはいかがでしょうか。

メリークリスマス! (Joyeux Noël !)

編集部
  • 旧市街の中心部にある観光スポット、ノートルダム大聖堂。
  • 小腹が空いたら、ドイツ発祥の焼き菓子パンのプレッツェルも
  • 寒さが身に染みるこの時期、定番のホットワイン「Vin chaud」で温まりましょう
  • 変わり種で白のホットワインも。ノンアル派には、ホットアップルジュース。
  • クレベール広場にある、巨大なクリスマスツリー
  • 夜が本番のクリスマスマーケット
  • 夜が本番のクリスマスマーケット
ページトップへ