1月16日はケイト・モスの誕生です

2014.01.16

ファッションモデルのケイト・モス(Kate Moss)は1974年1月16日生まれ。イギリス・ロンドン出身。

14歳の時にスカウトされ、15歳でモデルデビュー。初仕事で雑誌『ザ・フェイス(THE FACE)』の表紙を飾った。モデルとしては低身長の170cmだったが、長身と曲線美を有する当時の“スーパーモデル”と対照的な“反スーパーモデル”として活躍。『ヴォーグ(VOGUE)』には『ヴァニティ・フェア(Vanity Fair)』『W』など主要ファッション雑誌でたびたび表紙を飾り、マリオ・テスティーノ(Mario Testino)やピーター・リンドバーグ(Peter Lindbergh)らファッションフォトグラファーとの親交も深い。

05年の薬物スキャンダルにより、広告塔を務めていたブランドとの契約が打ち切られるなど、モデル生命の危機を迎えるが、デザイナーや雑誌編集長などファッション業界関係者からの擁護により復帰。 「アレキサンダー・マックイーン(Alexander McQueen)」は、06-07AWコレクションのフィナーレで同ブランドのアイコン・オイスタードレスをまとったケイトをホログラムで現出させ、エールを送っている。
アレキサンダー・マックイーン06-07AWコレクション

翌年には18ものブランドと契約を結び、イギリス・ファッション・アワードのモデル・オブ・ザ・イヤーも受賞した。現在も「ラグ&ボーン(rag & bone)」「ヴェルサーチ(VERSACE)」「スチュアート・ワイツマン(Stuart Weitzman)」などの広告に登場している。

恋多き人物として知られているが、ジョニー・デップ(Johnny Depp)との交際は特に有名。彼の私服センスはケイトの影響を受けたものと言われている。その後、雑誌「デイズド&コンフューズド(DAZED & CONFUSED)」の創設者ジェファーソン・ハックとの間に娘を儲けたが破局。11年7月にロッカーのジェイミー・ヒンズと結婚した。
編集部
  • ケイト・モス
  • アレキサンダー・マックイーン06-07AWコレクションフィナーレでケイト・モスのホログラム映像が出現した
  • アレキサンダー・マックイーン06-07AWコレクションフィナーレでケイト・モスのホログラム映像が出現した
  • 「マンゴ」イベントに登場したケイト・モス
  • 「ルイ・ヴィトン」13-14AWコレクションショーに登場したケイト・モス
ページトップへ