ドゥ・ラ・メールの新セラムはフェイスラインにアプローチ

2014.01.15

スキンケアブランド「ドゥ・ラ・メール(DE LA MER)」は、ジェル状美容液「ザ・モイスチャーリフト コントア セラム」(30ml/3万6,750円)を1月24日に発売する。

フェイスラインの肌を作る上で重要となる顔と首の肌にアプローチ。コラーゲンとエラスチンを含む成分が、肌の角質層に働き掛ける。また、ブランドを代表する独自保湿成分の「ミラクル ブロス」が肌本来のサイクルへと整え、「若さの泉」と呼ばれる多年生の海藻のブラウンアルゲ、銅を豊富に含むブルーアルゲ、若々しい印象をもたらすとされるマリンペプチドを組み合わせた新「リフティング ファーメント」が、肌にハリを与え引き締まった印象へと導く。

ドゥ・ラ・メールは1965年に誕生。2000年から01年に掛け日本、香港、台湾、オーストラリアなど世界各国で展開を開始し、05年には中国にも上陸。海藻やミネラルなどをバイオ発酵させたミラクル ブロス配合の保湿クリーム「クレーム ドゥ・ラ・メール(Creme De La Mer)」(30ml/1万8,900円、60ml/3万4,650円、100ml/5万1,450円)は世界中で愛用されている。また、世界最大の国際的海洋保護団体「オセアナ(Oceana)」を支援し、ワールドオーシャンデーにイベントを開催するなど、海洋環境の保護に取り組んでいる。
くまがいなお
  • 「ドゥ・ラ・メール」のジェル状美容液「ザ・モイスチャーリフトコントアセラム」
ページトップへ