メゾンエルメス、アーティスト・イン・レジデンス参加作家展開催。フランス国外初

2014.01.28

東京・銀座のメゾンエルメス フォーラムにて、エルメス(HERMES)財団主催による「アーティスト・イン・レジデンス(ARTISTS’ RESIDENCIES)」の制作プロセスや成果を紹介する「コンダンサシオン」展が3月20日より開催される。

本展は昨年夏にパリのパレ・ド・トーキョーで催されたもの。フランス国外で初の開催となり、会場構成も一新される。リチャード・ディーコン(Richard Deacon)、スザンナ・フリッチャー(Susanna Fritscher)、ジュゼッペ・ペノーネ(Guiseppe Penone)、エマニュエル・ソーニエ(Emmanuel Saulnier)ら4名の国際的アーティストに選ばれた2010年から13年の参加アーティスト16名による作品を紹介する。小平篤乃生(こひら・あつのぶ)のクリスタル作品、ガブリエル・チアリのテキスタイル作品などが登場。キュレーターを務めるのはガエル・シャルボー。

10年夏に開始したアーティスト・イン・レジデンスは、フランス各地にあるクリスタルや銀、シルクなどのエルメスの工房に若手アーティストが滞在し、職人技を学んで作品を制作するプロジェクト。毎年4名の若手アーティストが選出されている。また、第2クールとして新たな4年間が始まる予定。


【イベント情報】
「コンダンサシオン:アーティスト・イン・レジデンス展、エルメスのアトリエにて」
会場:銀座メゾンエルメス フォーラム
住所:東京都中央区銀座5-4-1
会期:3月20日から6月30日
時間:11:00から20:00(日曜日は19:00まで)
無休
入場無料
くまがいなお
  • ブノワ・ピエロン「ベッド」
  • ブノワ・ピエロン
  • フェリックス・パンキエ「ステーション」
  • フェリックス・パンキエ
  • アンヌ=シャルロット・イヴェール「生ける屍工場―第一幕操作」「生ける屍工場―第二幕欲望の分割」
  • アンヌ=シャルロット・イヴェール
  • エリザベス・S・クラーク「横切って」
  • エリザベス・S・クラーク
  • 小平篤乃生「サンルイのための楽器」
  • 小平篤乃生
  • アンドレス・ラミレス「恋に夢中」
  • アンドレス・ラミレス
  • ガブリエル・チアリ「鎖3.1」「鎖3.2」
  • ガブリエル・チアリ
  • マリー=アンヌ・フランクヴィル「ほとんど純潔」
  • マリー=アンヌ・フランクヴィル
  • マルコス・アビラ・フォレロ「パレンケロス―職人たちによる解釈/演奏により旅に変身させられた5つの太鼓」
  • マルコス・アビラ・フォレロ
  • オリヴァー・ビアー「沈黙は金(槌骨、きぬた骨、鐙骨)」
  • オリヴァー・ビアー
  • オ・ユギョン「月のパゴダ」
  • オ・ユギョン
  • エミリー・ピトワぜ「ジゼル」
  • エミリー・ピトワぜ
  • シモン・ブドヴァン「テーブル01(ポニー)」
  • シモン・ブドヴァン
  • セバスチャン・グシュウィンド「人類」
  • セバスチャン・グシュウィンド
  • マリン・クラス「テーブル・レリーフ」
  • マリン・クラス
  • パレ・ド・トーキョーで行われた「コンダンサシオン」展 
  • パレ・ド・トーキョーで行われた「コンダンサシオン」展 
  • パレ・ド・トーキョーで行われた「コンダンサシオン」展 
  • パレ・ド・トーキョーで行われた「コンダンサシオン」展 
ページトップへ