1月30日は田山淳朗の誕生日です

2014.01.30

ファッションデザイナーの田山淳朗は、1955年1月30日生まれ。熊本県出身。

1975年に文化服装学院を卒業し、第14回ハイファッション・ピエール・カルダン賞を受賞。山本耀司の「ワイズ(Y’s)」に入社し、78年にヨウジヤマモト・ヨーロッパ設立のため渡仏。その後、文化服装学院で同期であった津森千里やドン小西がブランドを立ち上げ、脚光を浴びていることに焦燥感を感じ、ワイズを退社し帰国。82年に自身の会社エー・ティーを設立し、東京コレクションに参加した。89年に再びフランスに渡り、最先端テクニックを素材やパターンに散りばめつつリアルタウン仕様を追求するコンテンポラリー・デザイナーズブランド「アツロウタヤマ(ATSURO TAYAMA)」をスタートした。

90年から95年まで「キャシャレル(CACHAREL)」のウィメンズデザイナー、92年から2005年まで、ワールド系列のアパレルブランド「オゾック(OZOC)」「インディヴィ(INDIVI)」「ボイコット(BOYCOTT)」「ヴォイスメール(VOICE MAIL)」「クードシャンス(COUP DE CHANCE)」のクリエーティブディレクターを担当。横浜女学院などの学校制服、全日空のキャビンアテンダントや「アルビオン(ALBION)」のビューティーアドバイザー、伊勢丹百貨店インフォメーション及びエレベータースタッフなどのユニフォームも手掛けた。

05年にクロスプラスの顧問に就任し、09年にそごう・西武「リミテッドエディションバイアツロウタヤマ(Limited Edition by ATSURO TAYAMA)」ディレクター契約を結んでいる。

現在の展開ブランドはファーストライン「アツロウタヤマ」とセカンドライン「A.T」。
くまがいなお
  • 「アツロウタヤマ」14SSウィメンズコレクションショーに登場した田山淳朗
  • 「アツロウタヤマ」14SSウィメンズコレクション
ページトップへ