京都の国際芸術祭「パラソフィア」のプレイベントで映像インスタレーション公開

2014.01.23

京都の国際展「パラソフィア(PARASOPHIA): 京都国際現代芸術祭2015」に先駆け、2月8日からプレイベントとして映像インスタレーションが公開される。3月16日まで。

展示されるのは南アフリカの美術家、ウィリアム・ケントリッジ(William Kentridge)の大規模な映像インスタレーション「時間の抵抗」。5面スクリーンへの映像と多重音響、象徴的な運動機械を組み合わせた複雑な構成を見せる。2012年の現代アート展「ドクメンタ13」に出品され、世界中から数十万人が鑑賞に訪れた。その時間を巡る深い考察と重厚な視覚効果が話題を呼び、メトロポリタン美術館とサンフランシスコ近代美術館との共同購入を始め、世界の様々な美術館で収蔵、展示されている。アジアでの紹介は今回が初めて。

会期中の2月中旬には、ケントリッジ本人も来日。2月22日には同氏が作品を語るレクチャーを開催する。

ケントリッジはヨハネスブルグ在住の作家。「動くドローイング」とも呼ばれる素描をコマ撮りした手書きアニメーション・フィルムを始め、版画、インスタレーション、パフォーマンス、人形劇、オペラなど幅広いアートに取り組んでいる。2010年には第26回京都賞を受賞。

パラソフィアの本イベントは、2015年3月上旬から5月上旬に開催予定。


【イベント情報】
パラソフィア(PARASOPHIA): 京都国際現代芸術祭2015
プレイベント[作品展示]ウィリアム・ケントリッジ《時間の抵抗》
会場:元・立誠小学校講堂
住所:京都市中京区備前島町310-2木屋町通蛸薬師下ル
会期:2月8日から3月16日
時間:11:00から19:00
料金:一般500(前売り400)円、大学生300(同200)円
休業日:水曜日
SAKURA
  • ウィリアム・ケントリッジ(William Kentridge)の大規模な映像インスタレーション「《時間の抵抗》」2012
  • ウィリアム・ケントリッジ(William Kentridge)の大規模な映像インスタレーション「《時間の抵抗》」2012
  • ウィリアム・ケントリッジ(William Kentridge)の大規模な映像インスタレーション「《時間の抵抗》」2012
  • ウィリアム・ケントリッジ(William Kentridge)の大規模な映像インスタレーション「《時間の抵抗》」2012
  • パラソフィアのプレイベント。ウィリアム・ケントリッジ(William Kentridge)の大規模な映像インスタレーション「《時間の抵抗》」を展示する
ページトップへ