10月20日はVAN創業者・石津謙介の誕生日です

2013.10.20

ファッションデザイナーの石津謙介は1911年10月20日生まれ。岡山県出身。2005年5月24日逝去。

地元の高校を卒業後、明治大学商科専門部に入学。在学中からファッションへの造詣が深く、大学卒業後は中国で服飾関連の仕事をする。戦後はファッションメーカー「レナウン」に勤務した。51年に独立し、「VAN」として知られている株式会社ヴァンヂャケットを設立。ブレザーやボタンダウンシャツなどの学生ファッションをベースにした「アイビールック」を提唱し大流行。銀座のみゆき通りには、それを着た若者達が多く集まり「みゆき族」と呼ばれた。

64年東京オリンピックの日本代表の赤いブレザーや、サンケイ・アトムズ(現・東京ヤクルトスワローズ)のユニフォームもデザインした。また、男性向けファッション雑誌「メンズクラブ」の前身となる「男の服飾読本」を創刊した。「カジュアル」「Tシャツ」「トレーナー」「TPO」などのファッション用語を定着させたのも彼である。

53年にヴァンヂャケットが倒産して以降は、服飾のプロデュースや評論、講演などをして活躍。05年5月に93歳で死去。寝たきりになってもパジャマを着ることを拒絶し、三宅一生デザインのシャツを着たまま息を引き取ったという。
編集部
  • アイビールック。大学生のフォーマルとインフォーマルの装い
  • アイビールック。スタジアムで便利なポロコートは大学生にとって理想的なアイテムだった
  • 昨年9月にニューヨークで開催された『アイビースタイル展』
ページトップへ