日常の中のはかなさを描くイラストレーター、anccoの個展「Spy On You」がイセタンガールギャラリーで開催

2013.10.02

アパレルブランドとのコラボレーションやCDジャケットのデザインの仕事など多方面で活躍するイラストレーター ancco(あんこ)の個展が10月29日まで伊勢丹新宿店本館2階イセタンガールギャラリーにて開催されている。

「日々の暮らしの中て私たちを取り巻く世界のはかなさ」を追いかける彼女の作品は、かすみがかった色の中で発光するピンク色が特徴。全体的にピンク色が目立つが「ピンクはクールな色」とanccoさんは話し、ファンタジックな雰囲気の中にも線がしっかりと描かれ、不思議と“リアリティー”を感じさせる。

個展タイトル「Spy On You」は、「あなたのスパイ」という意味。「作品を描き始めた頃から、どこにでもいる女の子、普通の女の子の日常を描き続けているが、作品の中では、女の子が持つ『誰かを想い続ける想い』を伝えたい。今回は、“スパイ”の密かに誰かを狙っているイメージからインスピレーションされている作品。女の子がいだく『誰かを思い続ける気持ち』『自分の好きな物事に執着する感情』を表現できれば。ただ、作品を観てどう感じるか、何を読み取るかは、観てくださった方々の感性によって変わってくるので、その感情の自由に楽しんで欲しい」とanccoさんは話す。

今回展示されている作品は、個展のタイトルにもなっているペインティング作品『Spy On You』(5万2,500円)をはじめ、『SNS addiction』(3万1,500円)など十数点。イラストレーターとしての活動を始めた2011年頃の作品や、新たに描き下ろされた作品がそろう。いずれも女の子の日常生活のひとコマが描かれている。また、ペインティング作品以外にもシルクプリントスウェット(8,400円)や作品集(2,100円)が並ぶ。ペインティング作品は予約販売となり、会期終了後の受け渡し。会場は、作品の展示だけでなく、テーブルセットやベッドなど女の子のプライベートを表現した空間もあるインスタレーションとなっている。

イラストレーター anccoは、1989年生まれ。2011年よりancco(あんこ)として絵を描きはじめる。2013年に初の個展を開催。「日々の暮らしの中て私たちを取り巻く世界のはかなさ」を追いかけているイラストレーターとしてファッションへの展開をはじめCDジャケットの仕事などを手がける。
高橋果内子
  • テーブルセットやベッドなど女の子のプライベートを表現した空間
  • ペインティング作品以外にもシルクプリントスウェット
  • テーブルセットなど女の子のプライベートを表現した空間
  • 10月29日まで伊勢丹新宿店本館2階イセタンガールギャラリーにて開催
  • 日常の中のはかなさを描くイラストレーター、anccoの個展「Spy On You」がイセタンガールギャラリーで開催
  • 日常の中のはかなさを描くイラストレーター、anccoの個展「Spy On You」がイセタンガールギャラリーで開催
  • 日常の中のはかなさを描くイラストレーター、anccoの個展「Spy On You」がイセタンガールギャラリーで開催
ページトップへ