海に捨てられたコカコーラが生まれ変わる?オランダ・アムス発、“お酒を飲んで海をキレイに”プロジェクト

2017.05.22

私たちの普段の何気ない「生活と消費」という行動。その結果、残念ながら生まれてしまっている環境汚染問題に対し、オランダ・アムステルダムを拠点とするクリエイティブ・エージェンシー、フィッツロイ(Fitzroy)はユニークな手法で世界へ問いかけた。

まず彼らはフロム・ウェイスト・トゥ・ウェイステッド(“from waste to wasted”。waste=ゴミ、wasted=お酒に酔っぱらった、の意)というプロジェクトを立ち上げた。そしてこのプロジェクトのもと、彼らは「お酒を飲んで、海をキレイにしよう」というテーマを掲げ、「フィッツロイ・プレミアム・ネイビーラム」とネーミングしたお酒のパッケージングから中身のラム酒までを制作した。

中身のラム酒はネイビースタイルと名付けられた一般のラムとは異なる、スムースだが、ダークでヘビーな味わいだそうだ。外身にはスタイリッシュな包装紙をまとわせ、特徴的なボトルキャップを装着。パッケージの材料は海へ捨てられていたゴミを再利用して作られたのだという。マーブル塗装のようなボトルキャップは、コカコーラのラベルを集め溶かしプレスしたものから制作、ボトルはガラスをリサイクルしたものだ。中身を飲みきってからもこの二つを再利用できるよう、ラベルを貼付けたりせず包装紙に包む方法をとっている。飲み終わったボトルは水差しに使うことをフィッツロイは推奨しているというが、これはプロジェクトの次の章である、「ハングオーバー(二日酔い)」のためだというシャレもコンセプトに沿っていて面白い。

ネイビーラムの売上は全て環境保護団体、ノース・シー・ファウンデーション(North Sea Foundation)へ寄付されるとのことで、フィッツロイの環境汚染を少しでも減らしたいという気持ちがうかがえる。
動画引用元: (オフィシャルvimeo: https://vimeo.com/212260944)

※本記事は (引用元: http://fromwastetowasted.nl/) に許可を得て、翻訳・執筆を行っております。
hirokoike
  • FROM WASTE TO WASTED
  • FROM WASTE TO WASTED
  • FROM WASTE TO WASTED
  • FROM WASTE TO WASTED
  • FROM WASTE TO WASTED
  • FROM WASTE TO WASTED
  • FROM WASTE TO WASTED
  • FROM WASTE TO WASTED
  • FROM WASTE TO WASTED
  • FROM WASTE TO WASTED
  • FROM WASTE TO WASTED
  • FROM WASTE TO WASTED
  • FROM WASTE TO WASTED
ページトップへ