神宮前に新エディットショップオープン。ギャラリー&ワークスペース

2014.09.26

ギャラリーショップ&ワークスペース「エディット・ライフ・トーキョー(EDIT LIFE TOKYO)」(東京渋谷神宮前2-27-6)が9月26日、オープンした。

ギャラリーショップでは、東京とシンガポールを拠点に活躍するクリエーターの作品が展示される。オープン初日からは、作家・西加奈子による絵画展を開催し、彼女の新刊長編小説「サラバ!」をモチーフとした絵画を公開。さらに、新刊発売日の10月31日には、絵画の販売やトークショーも行われる。

また、クリエーターらが愛するライフスタイル雑貨や、「エディット・ライフ」オリジナル商品も販売。白シャツ、チノパントートバッグなどのファッションアイテムから、ステーショナリーマグカップなどの文房具家具コーヒーやお米などのフードまでジャンルを問わずに様々な商品がラインアップされる。中でも、注目なのが豊富なバリエーションをそろえたバッグだ。ステンシルアーティストの守矢努によるロゴがプリントされたものや、浅草橋の道具屋「松野屋」で人気のカゴバッグなど、ユニークなアイテムがそろう。

「エディット・ライフ」は“立体編集”をテーマとするプロジェクト。雑誌やウェブの編集に関わる松尾仁が東京とシンガポールを拠点に、ライフスタイルやカルチャーを発信していく。8月6日には一足先に「エディット・ライフ・シンガポール(EDIT LIFE SINGAPORE)」をオープンし、写真家の若木信吾、およびニューヨークで活躍するアーティストのマイク・ミンによる企画展などを開催した。

インテリアデザインは「SMILIES」の阿部臣吾が担当。その他、ロゴデザインはアートディレクターの峯崎ノリテルが、ウインドーディスプレイはブランド「ツータックス(2-tacs)」をプロデュースするスタイリスト間良二が手掛けている。
HEW
  • 「エディット・ライフ・トーキョー」の外観イメージ
  • 「エディット・ライフ・トーキョー」の内観イメージ
  • 「エディット・ライフ・トーキョー」の内観イメージ
  • 「エディット・ライフ・トーキョー」の内観イメージ
  • 作家・西加奈子による絵画展
  • 作家・西加奈子による絵画展
  • 新刊長編小説「サラバ!」などを手掛ける作家の西加奈子
  • 「エディット・ライフ」オリジナル商品も販売
  • 「エディット・ライフ」オリジナル商品も販売
  • 「エディット・ライフ」オリジナル商品も販売
  • 「エディット・ライフ」オリジナル商品も販売
  • 「エディット・ライフ・トーキョー」のロゴ
ページトップへ