9月19日は山口小夜子の誕生日です

2014.09.19

ファッションモデル山口小夜子は1949年9月19日生まれ。神奈川横浜市出身。2007年8月14日逝去。

洋裁が好きだった母のもとで生まれ育ち、子供の頃から洋服づくりに興味を持つ。杉野学園ドレスメーカー女学院に進学すると、在学中にモデルへの勧誘を受け、71年に卒業すると正式にデビューを果たした。

デビュー後は山本寛斎のショーへの出演をきっかけに人気を集め、「ジャン=マリー・アルマン(Jean Marrie Armand)」のオファーで渡仏。72年にアジア系モデルとして初めてパリコレクションに起用されると、東洋人ならではの神秘的な美しさと、切れ長な目を強調したメイクで一躍注目を集める存在となる。その後は「ケンゾーKENZO)」や「イッセイミヤケISSEY MIYAKE)」など、日本デザイナーのショーで活躍。99年秋には高田賢三が最後にデザインを担当した00SSコレクションのショーで、ファーストルックを飾っている。一方で、73年には資生堂の専属モデルとなり、CMにも出演した。

その後、山口はヨーロッパを中心に高い評価を受けることになる。これを受けて、ロンドンのアデルー社ではボブヘアの「SAYOKOマネキン」を作成。これが世界中のショーウインドーに飾られることになる。77年には『ニューズウィーク(News Week)』の「世界のトップモデル6人」が、アジア人としては初めて山口を選出。名実共にトップモデルの一員となった。

また、80年代に入るとクリエーターとして様々な分野で活躍するようになる。勅使河原三郎ダンスカンパニーを始めとする、数々のダンスパフォーマンスに出演。89年にはNHK音楽ファンタジー番組「カルメン」に出演し、国際エミー賞公演芸術部門優秀賞を受賞している。女優としても活動しており、01年には鈴木清順監督、江角マキコ主演の映画「ピストルオペラ」への出演が話題となった。

他にも、舞台やオペラなどに出演する一方で、その衣装製作までを担当。マルチな活躍でファンを魅了していたが、07年に急性肺炎のため死亡。当時まだ57歳の若さだった。

ケンゾーの13-14AWコレクションでは、山口がショーのフィナーレで着たリボンドレスにインスピレーションを得て、“古代アジアの神殿”というイメージをデザインに反映。その存在感は、未だ日本のトップモデルやデザイナーの中に色濃く残されている。
HEW
  • 山口小夜子をモデルとした資生堂の広告
ページトップへ