コム デ ギャルソン・シャツ16-17AWにも作品が起用された、気鋭美術家・安野谷昌穂のトークショーが代官山 蔦屋書店で開催

2016.02.18

新進気鋭の美術家・安野谷昌穂によるトークショーが2月22日、代官山 蔦屋書店1号館2階のイベントスペースにて開催される。

安野谷昌穂は、“コム デ ギャルソン・シャツ(COMME des GARCONS SHIRT)の16-17AWコレクションにも作品が起用されるなど、今後の活躍が注目されている新進気鋭の美術家。シンガポールの宝”と称されるデザイナーアートディレクターのテセウス・チャン(Theseus Chan)によるインディペンデントマガジン『WERK』の第23号『STEIDL-WERK No.23: MASAHO ANOTANI "DEFORMED"』でフィーチャーされた。

今回は、日本のロックシーンで最も刺激的なバンドのひとつ下山(GEZAN)のヴォーカリストであり友人のマヒトゥ・ザ・ピーポーとのトークショーを行う。また、2月4日から3月1日まで2号館1階のブックフロアでは関連フェアも開催。安野谷昌穂がフィーチャーされた『STEIDL-WERK No.23』を始め、香港で立ち上がったセレクトショップ・On Pedderとの限定コラボレーションアイテムであるコインウォレットZINE、原画作品などを展示販売する。

【イベント情報】
「『STEIDL-WERK No.23』マサホとマヒトゥのおしゃべり のうみそのあちらこちら」
会場:代官山 蔦屋書店1号館2階 イベントスペース
住所:東京渋谷区猿楽町17-5
会期:2月22日
時間:19:30~21:15
HEW
  • 安野谷昌穂によるトークショーが代官山 蔦屋書店で開催
  • 安野谷昌穂 作品
  • 安野谷昌穂 作品
  • 安野谷昌穂
  • マヒトゥ・ザ・ピーポー
  • 『STEIDL-WERK No.23』
ページトップへ