割れてしまった花瓶を金糸で継ぐ、イギリス人刺繍アーティストが日本の「金継ぎ」に着目

2016.05.27

「金継ぎ」とは破損してしまった陶器の破片を、接着しなおし継ぎ目に金をあしらって修復する技法で、古くから行われてきた。イギリスのアーティスト、シャーロット・ベイリー(Charlotte Bailey)はその技法にインスパイアを受け、自身のアレンジを施した作品を完成させた。

刺繍アーティストとして活動する彼女が制作した「金継ぎ」の作品は、自身のウィローパターン(柳が細かく描かれた模様)の陶器を誤って割ってしまったことがきっかけだった。西洋は「使い捨て」の文化とされ、作品に用いられた技術や、それらが持っている社会や文化における重大で価値のある役割を評価することはほぼないのだそうだ。彼女は破損してしまった陶器を修復し、新たな美しさを与え生まれ変わらせる金継ぎの技術と、西洋の考え方との違いに大きく感銘を受けたという。

彼女の作品は、破片を布で包みそれぞれを金の糸で縫い合わせて元の形に修復するというもの。ボンドなどは一切使用しておらず、縫う事だけで完成させた。制作の行程には多大な忍耐が必要で、金継ぎ師の技術とそのクラフトマンシップについて深く考える時間を与えてくれた、と彼女は語ってくれた。

“HANGING BY A THREAD EMBROIDERY”という名義で活動するシャーロットは、複雑で細かい刺繍を得意としているそうだ。彼女のFacebookページでは、刺繍を立体物にした作品やお菓子のパッケージのパロディ、ビール瓶のラベルなど様々なものを刺繍として表現している様子が日々アップされている。

※本記事は (引用元: http://www.hangingbyathreadembroidery.co.uk/home.html , https://www.facebook.com/Hanging-By-A-Thread-Embroidery-206291629425782/) に許可を得て、翻訳・執筆を行っております。
hirokoike
  • シャーロット・ベイリー(Charlotte Bailey)の「金継ぎ」作品
  • シャーロット・ベイリー(Charlotte Bailey)の「金継ぎ」作品
  • シャーロット・ベイリー(Charlotte Bailey)の「金継ぎ」作品
  • シャーロット・ベイリー(Charlotte Bailey)の「金継ぎ」作品
  • シャーロット・ベイリー(Charlotte Bailey)の「金継ぎ」作品
  • シャーロット・ベイリー(Charlotte Bailey)の「金継ぎ」作品
ページトップへ