FENDIがオートクチュール界に参入。カール・ラガーフェルドとの50年の歴史にオマージュを捧げる

2015.08.06

創設90年の歴史を持つローマのラグジュアリーブランドフェンディFENDI)が、今年7月、15-16AWパリオートクチュールコレクションに初めて参加した。これはフェンディとデザイナーカール・ラガーフェルドとの50年も続くコラボレーションの歴史にオマージュを捧げたものでもある。晴れの舞台となったのは、シャンゼリゼ劇場。

カールが「ファーの中のファー、ファーの王道を見て頂ける機会になるでしょう」とショーの開催に向けて語ったその言葉通り、すごみのあるランウェイを披露した。

メゾンにとって節目となった今年、パリで初披露されたコレクションは「オートフルール(Haute Fourrure)」と題された。「フルール」は「毛皮」を意味し、オートクチュールと掛け合わせた造語がオートフルール。

ファーをいわゆる“毛皮”としてそのまま使うと言うよりは、ひとつの素材ととらえ、様々な技術を駆使し、従来のファー製品の領域を越えたコレクションに仕上げた。そのデザイン性の高さは、フェンディの最高レベルのクリエイティビティと長年培われたクラフトマンシップの賜物である。

オートフルールコレクションで使われたファーはロシアンセイブル、スワカラ、ミンク、チンチラなど。その他フェザー、シルクタフタなど贅沢を極めた素材ばかりが主に使われている。ファーをPVCやシルクタフタと縫い合わせたり、鳥のフェザーの様に見せていたり、メタリックな加工をしたりと自在に加工することで、コンテンポラリーな衣類へと昇華。ファーとしてのリュクス感や風格はそのままに、モダンに見せる様々な技法が用いられている。
編集部
  • FENDI15-16AWオートクチュールコレクション
  • FENDI15-16AWオートクチュールコレクション
  • FENDI15-16AWオートクチュールコレクション
  • FENDI15-16AWオートクチュールコレクション
  • FENDI15-16AWオートクチュールコレクション
  • FENDI15-16AWオートクチュールコレクション
  • FENDI15-16AWオートクチュールコレクション
  • FENDI15-16AWオートクチュールコレクション
  • FENDI15-16AWオートクチュールコレクション
  • FENDI15-16AWオートクチュールコレクション
  • FENDI15-16AWオートクチュールコレクション
  • FENDI15-16AWオートクチュールコレクション
  • FENDI15-16AWオートクチュールコレクション
  • FENDI15-16AWオートクチュールコレクション
  • FENDI15-16AWオートクチュールコレクション
  • FENDI15-16AWオートクチュールコレクション
  • FENDI15-16AWオートクチュールコレクション
  • FENDI15-16AWオートクチュールコレクション
  • FENDI15-16AWオートクチュールコレクション
  • FENDI15-16AWオートクチュールコレクション
  • FENDI15-16AWオートクチュールコレクション
  • FENDI15-16AWオートクチュールコレクション
  • FENDI15-16AWオートクチュールコレクション
  • FENDI15-16AWオートクチュールコレクション
  • FENDI15-16AWオートクチュールコレクション
  • FENDI15-16AWオートクチュールコレクション
  • FENDI15-16AWオートクチュールコレクション
  • FENDI15-16AWオートクチュールコレクション
  • FENDI15-16AWオートクチュールコレクション
  • FENDI15-16AWオートクチュールコレクション
  • FENDI15-16AWオートクチュールコレクション
  • FENDI15-16AWオートクチュールコレクション
  • FENDI15-16AWオートクチュールコレクション
  • FENDI15-16AWオートクチュールコレクション
  • FENDI15-16AWオートクチュールコレクション
ページトップへ