チームラボ、ミラノ万博でインスタレーション作品展示。“命の繋がり”を表現

2015.08.19

チームラボ(teamLab)が、イタリアミラノで開催中の「2015ミラノ国際博覧会」にインスタレーション「お絵かき NATURE LAND~モリコロと一緒に遊ぼう!~」を出展。8月18日から19日までミラノ市商工会議所で、8月19日から22日まで日本イベント広場で展示される。

紙にクレヨンで描いた人や動物、魚、植物が目の前のスクリーンの中で動き出す「お絵かき NATURE LAND~モリコロと一緒に遊ぼう!~」。山や海が広がるスクリーンの中で、人や動物たちが互いにコミュニケーションを取ったり、仕事をしたりする。

今回の博覧会のテーマである“食”に合わせて同作では、人や動物のみならず、や木々などのすべての生き物に命が宿っており、それぞれが多様に存在しながらも関わりを持って生きていること表現。生き物同士の繋がりについて、05年に愛知県で開催された「愛・地球博」のマスコットキャラクターである、モリゾーとキッコロとともに楽しく学ぶことが出来る作品となっている。
HEW
  • チームラボがインスタレーション「お絵かき NATURE LAND~モリコロと一緒に遊ぼう!~」を「2015ミラノ国際博覧会」に出展
ページトップへ