国際写真賞「Prix Pictet」が日本初上陸。“消費”をテーマに東京で巡回展

2015.08.20

写真の国際的な賞である「Prix Pictet」の東京巡回展が、10月3日から18日まで東京・渋谷のBATSU ART GALLERYで開催される。

08年に創始された「Prix Pictet」賞では、毎年設定されるテーマのもと、写真のプロフェッショナル275名の推薦により約700名の写真家がノミネートされ、最終審査員の審査を経て各賞が発表されている。これまで、昨今の緊迫した社会問題や環境問題に貢献した優れた写真家とその作品を紹介してきた。

日本で初開催となる今回の巡回展では、“Consumption(消費)”をテーマに行われた第5回「Prix Pictet」で選出された11名の写真家の作品が紹介される。最優秀賞受賞者であるドイツMichael Schmidtを始め、アメリカのAdam Barto、Allan Sekula、Laurie Simmons、日のMotoyuki Daifu、オランダのRineke Dijkstr、中国のHong Hao、イギリスのMishka Henner、コロンビアのJuan Fernando Herran、ウクライナのBoris Mikhailov、ナイジェリアのAbraham Oghobaseの計11人が選ばれた。

なお、“Disorder(無秩序)”がテーマの第6回のファイナリストたちの作品は、11月にパリ市立近代美術館にて展示される予定だ。

また、日本が世界で活躍する優れた写真家を多く輩出していることから、新たに日本の写真家に対する賞「Prix Pictet Japan Prize- Jaoanese Photographer of the Year-」が創設されることが決定。第1回では、08年から今年までに「Prix Pictet」にノミネートされた日本人作家の中から40歳以下の若手写真家にフォーカス。“優れた考察がなされ、独自性に富み、現代社会が抱える様々な事象や問題に関して写真表現を通じて挑戦的に取り組んできた作家”に賞が贈られる。

イベント情報】
国際写真賞「Prix Pictet」東京巡回展
会場:BATSU ART GALLERY
住所:東京都渋谷区神宮前5-11-5 1階
会期:10月3日~18日
時間:10:00~20:00
休館日:10月14日~16日
入場無料
HEW
  • 国際写真賞「Prix Pictet」東京巡回展/Allan Sekula「Panorama. Mid-Atlantic. Voyage 167 of the container ship M/V Sea-Land Quality from Elizabeth,New Jersey, to Rotterdam.」
  • 国際写真賞「Prix Pictet」東京巡回展/Rineke Dijkstra「Almerisa, Leidschendam, 19 March 2000」
  • 国際写真賞「Prix Pictet」東京巡回展/Motoyuki Daifu「Project Family #10」
  • 国際写真賞「Prix Pictet」東京巡回展/Michael Schmidt「Lebensmittel」
  • 国際写真賞「Prix Pictet」東京巡回展/Laurie Simmons「The Love Doll / Day 26 (Shoes)」
  • 国際写真賞「Prix Pictet」東京巡回展/Juan Fernando Herran「Bifurcacion/Junction」
  • 国際写真賞「Prix Pictet」東京巡回展/Hong Hao「My Things No. 1」
  • 国際写真賞「Prix Pictet」東京巡回展/Boris Mikhailov「Untitled」
  • 国際写真賞「Prix Pictet」東京巡回展/Abraham Oghobase「Untitled」
  • 国際写真賞「Prix Pictet」東京巡回展/Adam Bartos「Honda wheel」
  • 国際写真賞「Prix Pictet」東京巡回展/Mishka Henner「Coronado Feeders」
ページトップへ