ルイ・ヴィトン渋谷メンズの期間限定ストア「テンポラリー・レジデンシー」はヴァージル・アブローの世界観を存分に表現

2021.07.07
7月5日、ルイ・ヴィトン 渋谷メンズ店 2階にオープンした期間限定メンズ・ストア「テンポラリー・レジデンシー」。その空間は、ヴァージル・アブローがルイ・ヴィトン メンズ アーティスティック・ディレクターとしてデビューした2019春夏コレクションのセットを彷彿させるレインボーカラーで統一されています。

©LOUIS VUITTON_TOMOYUKI KUSUNOSE
ルイ・ヴィトンのシューズパッケージを重ねたようなウォールデザインや、レインボーネオンカラーが印象的な大型のLV シグネチャーなど遊び心溢れるデザインが随所に取入れられ、ヴァージル・アブローによるルイ・ヴィトン メンズの世界観が存分に表現されています。

©LOUIS VUITTON_TOMOYUKI KUSUNOSE
©LOUIS VUITTON_TOMOYUKI KUSUNOSE
©LOUIS VUITTON_TOMOYUKI KUSUNOSE
©LOUIS VUITTON_TOMOYUKI KUSUNOSE
「テンポラリー・レジデンシー」は、「ルイ・ヴィトン:ウォーク イン ザ パーク」と題してグローバル展開される一連のメンズ・ファッションイベントの1つであり、ポン・ヌフ(パリ)、ソーホー(ニューヨーク)に続き、日本では初となる取組みです。このユニークな空間では、メゾンのアイコンを間近で体験し、クリエイティブな進化の過程を心と体で感じることができます。これはまさに、ルイ・ヴィトン メンズ アーティスティック・ディレクター ヴァージル・アブローがメゾンのために考案した、既存のコンセプトやアイコンをさらに掘り下げて体験することができる試み。ヴァージル・アブローの作品の中心にあるインクルーシブな価値観に根差し、彼とコミュニティの間に存在する相互的な繋がりが体現されています。


ルイ・ヴィトン 渋谷メンズ店 2階
東京都渋谷区神宮前6-20-10 MIYASHITA PARK North
2021年7月5日(月)-8月1日(日)
11:00-20:00
*7月6日(火)は18:00までの開催


【ルイ・ヴィトンについて】
1854年の創業以来、ルイ・ヴィトンは、革新とスタイルを組み合わせた独自のデザインを常に最高級な品質で提供し続けています。現在もトラベルラゲージ、バッグ、アクセサリーなどの製品を通じて、クリエイティブでありながらエレガントで実用的という、創業者ルイ・ヴィトンが生み出した「の真髄(こころ)」という精神を忠実に受け継いでいます。ルイ・ヴィトンというストーリーを作り上げたのは「大胆さ」でした。伝統を重んじ、歴史の中で建築家アーティストデザイナーに門戸を開き、プレタポルテ、シューズ、アクセサリー、ウォッチ & ファインジュエリーフレグランスなどの分野を開拓してきたのです。これらの丁寧に製作された製品は、ルイ・ヴィトンがクラフツマンシップにいかにこだわりを持ってきたかという証となっています。
詳細は、ルイ・ヴィトン 公式サイトwww.louisvuitton.comをご覧ください。

【お問合せ先】
ルイ・ヴィトン クライアントサービス
0120-00-1854

#LouisVuitton
#LVShibuyaMens
#LVMenFW21



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。
PR TIMES
ページトップへ