五感で感じる文化との出会い。6月16日、明治記念館が装いも新たにリニューアルオープン

2021.06.16
今よりもっとグローバルだったかもしれない時代から、日本の文化に寄り添ってきた明治記念館。新しい明治記念館は、全館をギャラリーと捉え、グローバルな社会・多様性の時代に文化が交差する迎賓施設として、新しい発見や価値を提供するきっかけの場としてのサービスを開始します。


明治記念館(東京都港区元赤坂2-2-23)では、緑豊かな約1,000坪の庭園をさまざまな用途に合わせてご利用いただける新たなサービスをご提案致します。大小さまざまな14のバンケット(宴会場)と併せてご利用が可能となりました。庭園に面した1階のバンケット(宴会場)すべてにテラスが設けられており、庭園との往来もスムーズになり、展示会・企業製品の発表会・商談会やアートファッションなど各種イベントで利便性良くご利用いただく事が可能です。

明治神宮外苑の一角に位置しており、都心にもかかわらず豊かな緑に包まれたロケーション。庭園の天然芝は季節により夏芝、冬芝を植え替え1年中鮮やかな緑を維持しております。

庭園ご使用例1)モーターショーレセプションイメージ)


庭園ご使用例2)アウトドア・アクティビティレセプション(イメージ)
庭園に面した1階のバンケット(宴会場)には、すべてにテラスが設けられており、庭園との往来もスムーズにご利用いただけます


新たにオープンする庭園に面した1階ギャラリー(※完成イメージ)
無駄な装飾がない洗練された空間は、主役や企画が映え、調光調色システムを導入し色温度と明るさをコントロールしたライティングによる演出も可能で、ピクチャーレールや音響も埋め込まれており、イベントや展示会など多目的な用途でのご利用が可能です。




【明治記念館について】
明治14年、当時の⾚坂仮皇居の御会食所(日本で初めての迎賓館)として今の迎賓館のある場所に建てられたのが、憲法記念館・明治記念館館。明治21年、大日本帝国憲法草案審議の御前会議も開かれた。昭和22年、総合結婚式場として開館。令和2年には歴史的・建築的価値が認められ本館が東京都指定有形文化財(建物)に指定されました。令和3年2月1日から6月15日まで諸施設改修に伴い一時休館。令和3年6月16日より営業を再開。

住所:東京都港区元赤坂2-2-23
アクセス:JR中央・総武線【信濃町駅】下車徒歩3分
地下鉄 銀座線・半蔵門線・大江戸線【青山一丁目駅】下車(2番出口)徒歩6分
地下鉄 大江戸線【国立競技場駅】下車(A1出口)徒歩6分
駐車場:あり(160台まで可能)
電話:03-3403-1171(大代表)

公式HP:https://www.meijikinenkan.gr.jp/
公式Facebook:https://www.facebook.com/meijikinenkanofficial /
公式Instagram:https://www.instagram.com/meiji_kinenkan_official/
公式Twitter:https://twitter.com/mk_sekirei



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。
PR TIMES
  • 明治記念館
  • 庭園ご使用例1)モーターショー&レセプション(※イメージ)
  • 庭園ご使用例2)アウトドア・アクティビティ&レセプション(※イメージ)
  • 新たにオープンする庭園に面した1階ギャラリー(※完成イメージ)
  • 新たにオープンする庭園に面した1階ギャラリー(※完成イメージ)
ページトップへ