フランク・ゲーリー来日レポート。六本木21_21で巨匠のアイデアと信念に迫る

2015.10.21

21_21 DESIGN SIGHTで「建築家 フランク・ゲーリー展 "I Have an Idea"」の開催がスタートした。

世界的建築家フランク・ゲーリーの「アイデア」に焦点をあて、5つのセクションでその仕事、そしてひとりの人間としてのゲーリーに迫る展覧会は、新国立競技場のファイナリストとして話題を呼んだ建築家 田根 剛が展覧会ディレクターをつとめている。見る者を圧倒し人々の印象に深く残り続ける唯一無二の建築を生み出すフランク・ゲーリーという人物、そしてその「アイデア」を、実際に作成・利用された模型や素材ブロック、そして彼の言葉を紹介しながら、建築家・田根剛がひも解き、紹介するという試みが面白い。

ひとつめのセクション「ゲーリーのマスターピース」では、代表的なゲーリー建築であるビルバオ・グッゲンハイム美術館、ウォルト・ディズニーコンサートホール、ルイ・ヴィトン財団の様子がプロジェクション・マッピングで映し出される。安藤忠雄が設計した会場の壁にゲーリーの建築物が現れるというコラボレーション空間に包まれる高揚感はユニークな体験だ。そして、展示はゲーリー自邸の模型やアイデアの原石となるオブジェやゲーリーのマニフェストを掲示した「ゲーリー・ルーム」、本展覧会の真髄「アイデアの進展」「アイデアの実現」に続き、最後にあまり公開されることのないゲーリーが描いた魚のスケッチや撮影した工場の写真などを展示した「ゲーリーのシークレット」に到達する。

「やりたいのは、新しいアイデアをうむことだけ」(フランク・ゲーリー)の言葉に、アイデアを生み続けるモチベーションがどこから来るのかを問うと、ゲーリーは、友人である三宅一生がクリエーションに取り組む姿勢を例にしながら「直観を信じるんだ。一貫性を伴い進化し続けることはHumanityと繋がっていて、誰にも真似できない、非常にパーソナルなことだよ」と答えてくれた。

フランクが使う「Humanity」を田根は日本語で “人間の尊厳”と表現した。人間の尊厳、生きていることの価値につながるアイデアは、物質的な重さをもち、人を巻き込み、社会を動かしていく。
 フランク・ゲーリーのアイデア、そしてそれが実現するプロセスを紹介する本展覧会は、未来を作る切望と信念がもたらす『アイデアの時代』に勇気を与えてくれる。

イベント情報】
建築家 フランク・ゲーリー展 "I Have an Idea"
会期:10月16日~2016年2月7日
時間:10:00~19:00(入場18:00まで)
休館日:火曜日(11月3日は会館)、年末年始(12月27日~1月3日)
会場:21_21 DESIGN SIGHT
京都港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウン・ガーデン内  
料金:一般1,100円 大学生800円 高校生500円 中学生以下無料
オカモトサヤカ
  • 「日本にも世界にも建築や芸術の歴史が遺産としてその国に根付いている。Humanityそして歴史を感じられるようなものをつくりたい。それは現代の文脈においてHumanityが感じられる言葉を探していくということだ」と話すフランク・ゲーリー。
  • 巨匠フランク・ゲーリーと展覧会プロデューサーである新進気鋭の建築家・田根剛
  • 「アイデアの進展」
  • 「ゲーリーのマスターピース」でのプロジェクションマッピング
  • 21_21 DESIGN SIGHT「建築家 フランク・ゲーリー展 "I Have an Idea"」
  • フランク・ゲーリーの様々な言葉が紹介されている
  • ゲーリー・ルームでの展示
  • ゲーリー・ルームでの展示
  • かつて選手として活躍したアイスホッケーのユニフォーム
  • 一度丸めてまた広げた紙のようなボードにゲーリーのマニフェストが紹介されている
  • 実際に使われた数多くの模型や素材が展示されている
  • ル・ルボ脳研究所の模型
  • 「ゲーリー事務所」展示はゲーリー事務所からインスピレーションを得た方法になっている
  • ル・ルボ脳研究所模型
  • ル・ルボ脳研究所模型
  • ル・ルボ脳研究所模型
  • ゲーリーの仕事に向かう姿勢が、勇気を与えてくれる
  • 建築の中でどのように人々が過ごすのかが緻密に考えられている様子が伝わる
  • 「メイク・イット・ライト」のアイデアの制作過程
  • 「エイト・スプルース・ストリート」のアイデアの制作過程
  • ゲーリー建築で用いられる発色チタンなどのテクノロジーの紹介もなされている
  • エイト・スプルース・ストリート模型
  • 21_21 DESIGN SIGHT「建築家 フランク・ゲーリー展 "I Have an Idea"」
  • エイト・スプルース・ストリート模型
  • 日本の建築、また音楽、芸術の歴史が好きで、若い時、時間をかけてそれらを学んだというゲーリー
  • ゲーリー自身が撮影した数々の工場の写真
  • ゲーリーがデザインした「ウイグル・サイド・チェア」「リトル・ビーバー・チェア」
  • ルマ財団模型
  • ルマ財団模型
  • ルマ財団模型
  • ルマ財団模型
  • 21_21 DESIGN SIGHT「建築家 フランク・ゲーリー展 "I Have an Idea"」
  • 「ゲーリーのシークレット」
  • ゲーリー自邸
  • 「ゲーリー・ルーム」
  • 実際に使われた模型・素材・ゲーリーの言葉で「アイデアの進展」「アイデアの実現」を紹介する
  • 内側から作成するというゲーリの建築。模型の中に人の様子を見ることもできる。
  • ルイ・ヴィトン財団の模型
ページトップへ