「篠山紀信展 写真力」が横浜美術館で開幕、ゆずや草笛光子など新出展作を含む約120点を公開

2016.12.03

写真家篠山紀信の巡回展「篠山紀信展 写真力 THE PEOPLE by KISHIN」が、17年1月4日から2月28日まで横浜美術館にて開催される。

12年の開幕以来、全国25会場を巡回し75万人を超える人々を魅了してきた「篠山紀信展 写真力 THE PEOPLE by KISHIN」。巡回スタートから5年を経て横浜で開催される同展では、美術館の空間を5つのセクションに分け、篠山の50余年に渡る膨大な作品の中から篠山自らが選んだ写真作品約120点を大型パネルに仕立てて展示する。

「GOD」のセクションでは、有名人の肖像作品が仕事の中心を占めてきた篠山による、多くの人にその死が惜しまれ、今も人々の心の中に生き続ける著名人の肖像作品を展示。ジョン・レノン(John Lennon)、三島由紀夫、勝新太郎、美空ひばり、大原麗子などの作品が展開される。「STAR」のセクションでは、山口百恵、吉永小百合、AKB48、松田聖子、小林旭、南沙織、舟木一夫、長崎茂雄、ピンク・レディー、北野武などの著名人を写した作品が展示される。

また、「SPECTACLE」では複数の写真を横につなげる篠山独自のパノラマ写真「シノラマ」を公開。東京ディスニーランドや、後藤久美子が遊ぶメルヘンの舞台軽井沢歌舞伎草間彌生などのインスタレーション作品がラインアップされる。「BODY」では、18歳の宮沢りえをはじめ、樋口可南子や浅丘ルリ子、舞踏家のウラジーミル・マラーホフ(Vladimir Malakhov)などのヌード写真を展示。単身や集団、女や男、ダンサーやアスリート、スタジオや室内、大都会や大自然など、様々な種類のヌード写真が並べられる。また、「ACCIDENTS」では、東日本大震災で被災された人々の肖像作品を出展。日本社会全体を揺るがした大震災を、人と人、人と場のつながりからとらえた写真作品となっている。

その他、今回は横浜展のための特別セレクションとして、横浜出身の草笛光子や、横浜・伊勢佐木町の途上ライブから出発したゆずなど、横浜にゆかりの深い著名人の作品なども新たに加えて展示される予定だ。

さらに、17年1月7日の15時から16時30分までは、篠山人を迎えてアーティストトークを開催。17年1月28日、2月11日、25日には15時から15時30分まで学芸員によるギャラリートークが、17年2月4日には19時から21時まで、閉館後の美術館を参加者だけで独占できる特別な鑑賞会「夜の美術館でアートクルーズ」が行われる。なお、17年4月5日まで箱根彫刻の森美術館で開催されている「篠山紀信展写真展 KISHIN meets ART」との連動企画として、それぞれのチケットを提示すると相互の観覧料が割引となるサービスも行われている。

イベント情報】
「篠山紀信展 写真力 THE PEOPLE by KISHIN」
会場:横浜美術館
住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1
会期:17年1月4日~2月28日
時間:10:00~18:00(2月23日は16:00まで、24日は20:30まで、入館は閉館の30分前まで)
料金:一般1,500円、高大生900円、中学生600円、小学生以下無料
休館日:木曜日(ただし1月5日、2月23日は開館)
HEW
  • 篠山紀信 ジョン・レノン オノ・ヨーコ 1980年
  • 篠山紀信 美空ひばり 1986年
  • 篠山紀信 山口百恵 1977年
  • 篠山紀信 ウラジーミル・マラーホフ 1998年
  • 篠山紀信 夏目雅子 1982年
ページトップへ