銀座の夜にグルメバーガー、ベアバーガー国内2号店が東急プラザ10階にオープン

2016.04.04

オーガニックミート、無農薬野菜、有機小麦を使用し保存料不使用のバンズと徹底したオーガニックバーガーで人気の「ベアバーガー」の国内2号店が東急プラザ銀座に3月31日オープンした。

ベアバーガーはファストフードではなく、“bare(ベア=ありのまま)“なグルメバーガーを追求することを目的に2009年に米国ニューヨークのクイーンズで創業。現在、全米・カナダに31店舗展開しており、今年になってロングアイランドに11台のコンテナを使用したサスティナブルをテーマにした新店舗をオープンし、建材の再利用、省エネなど食材だけではないエコロジカルなオペレーションでチェーン展開を図っている。

日本では昨年7月にベアバーガーの経営理念に共感したトゥモローランドが、自由が丘に1号店をオープン。放し飼い、牧草そだちの米国産のオーガニックビーフを使用。チキンやターキーに加え、日本では尾崎牛のプレミアムバーガーもメニューに加わっている。

野菜は宮崎の綾町と千葉の信頼できる生産者から直接、無農薬野菜を買い付け、フレンチフライやサツマイモを揚げたスイートフライなどに使用する油もキャノーラオイルを使用。牛乳や卵、バンズも無農薬、無添加にこだわっている。

またベジタブルパテ(シュルームバーガー)を使用し、ベジタリアン、ビーガンにも対応を図っており、ローカーボ(糖質カット)には、パンレスバーガーで対応も出来る。NYで人気のシェイクやオーガニックソーダなどもそろえられている。

銀座店では23時までの営業(ラストオーダー22時)のため、ミニサイズのバーガー(スライダース、2個セット 1,650円)やサラダも用意され、銀座の夜景を楽しみながら、女性がカジュアルに楽しめるメニューも用意。同店ではデリバリーの予約も受け付ける。

Text: 野田達哉
野田達哉
  • 国内2号店となるベアバーガー銀座店
  • 日本でだけ展開されている尾崎牛を使用したトゥモローバーガー
  • 銀座店限定のミニサイズバーガー2個セットのスライダースセット
  • 国内2号店となるベアバーガー銀座店
  • 国内2号店となるベアバーガー銀座店
  • 銀座店限定メニューのサウザンキャビアスライダー¥1.650
  • フライ&リングコンボ 1,050円
  • ガーデングリーンサラダ
  • 銀座店限定メニューのカウンティ フェア スライダー 1,650円
  • 国内2号店となるベアバーガー銀座店
ページトップへ