パリジェンヌの足元は? 愛用スニーカーを拝見、定番モデルからサステナブルな注目ブランドまで【パリスナップ】

2021.03.18

フランスで初めてのロックダウンが施行されたのは2020年3月中旬。1年の間に外出禁止、マスク着用、飲食店の営業停止と何度も規制が敷かれ、生活は激変。3月1日から10日に開催された2021-22年秋冬シーズンのパリファッション・ウィークは、ウィメンズでは初となる完全デジタル形式での開催となった。加えて、2020年10月下旬からは、夜間外出禁止(18時〜翌朝6時)と、飲食店と2万㎡以上の商業施設百貨店など)の閉鎖、公共の場でのマスク着用が必須といった状況に。もちろん、今季は海外からの渡航者はほぼなく、フィジカルなショーも開催されなかったことから、例年のようなオフランウェイの光景を見ることは出来なかった……。

コレクションでは、“プロテクション”や“コンフォート”といった、ポストパンデミックの生活と着る人の気持ちに寄り添うキーワードが浮上。そんな装いの変化は、ファッション業界人のみならず、地元のパリジェンヌからも既に伺える。そこで今回の【パリスナップ】では、週末のマルシェヴィンテージショップ巡りを楽しむリアルなパリジェンヌのスナップをお届け!

時代が変わっても、季節が変わっても、永久不滅の定番であるスニーカートレンドが“コンフォート”へと移行する今後、ますますスニーカー人気は高まりそう。パリの街中では、世界的ヒットアイテムから、エココンシャスなパリジェンヌの支持を得るサステナブルなブランドを見かけた。


1. ケリー・セロッシ(研修医)


スウェットセットアップカジュアルに週末を過ごすケリーの足元は、ナイキNIKE)のエアジョーダン。イットバッグである、ボッテガ ヴェネタ(Bottega Veneta)のカセットを斜めがけして、リラックスウエアにエレガントなスパイスをプラス。


2. ロール・アンボワーズ(ファッション誌編集者)


フランス版「ロフィシャル(L’official)」と「ジェラス(Jealous)」の編集者であるロール。上質なマックス マーラ(Max Mara)のカシミアコートと合わせたのは、世界一売れたスニーカーとして知られる、アディダス(Adidas)のスタンスミス。赤のスカーフ、黄色の靴下という絶妙な色使いがファッション業界人ならではの上級者スタイリング!


3. ジョアンナ・トーマ(フォトグラファー)


ジョアンナが履いているのは、サステナブル先駆者として知られるパリ発のスニーカーブランド、ヴェジャ(Veja)。有機農業で育てた植物やアップサイクルされたペットボトルを原料とするエシカルな素材を使用し、環境への影響を軽減した製造過程で作られており、エココンシャスなパリジェンに大人気のブランド。豊富なデザインの中から、ジョアンナはランニングシューズの「コンドール(Condor)」をチョイス。


4. ヴィクトワール・シュワルツ(フローリスト)


屋でフローリストとして働くヴィクトワールは、仕事でもオフの日でも、ヴェジャ(1つ前のスナップでも登場のブランド)を愛用中。15年前のブランド創設初期に出たバスケットシューズがお気に入りのよう。アッパーには、ブラジルのオーガニックコットン、ソールには、ブラジルの天然ゴムという組み合わせで、着脱のしやすいベルクロタイプは、安定した人気を誇るモデル


>>その他の【パリスナップ】はこちらから

【プロフィール】
ELIE INOUE
パリ在住ジャーナリスト。大学卒業後、ニューヨークに渡りファッションジャーナリスト、コーディネーターとして経験を積む。2016年からパリに拠点を移し、各都市のコレクション取材やデザイナーのインタビュー、ファッションやライフスタイルの取材、執筆を手掛ける。主な寄稿媒体はFASHION HEADLINE、WWD Japan、ELLE Japan等。


ELIE INOUE
ページトップへ