ニコラ・ジェスキエールが手掛けるルイ・ヴィトン2021秋冬ウィメンズ・コレクションを発表

2021.03.11
ルイ・ヴィトンは、2021秋冬ウィメンズコレクションを3月10日(水) パリ時間 午後2時 (日本時間 午後10時)に発表しました。

ウィメンズ アーティスティック・ディレクターのニコラ・ジェスキエールが手掛ける2021秋冬ウィメンズ・コレクションでは、不朽の時代へのロマンを掻き立てる繊細な彫刻を描いた「フォルナセッティ」の素晴らしい描画をモチーフに取り入れたコレクションを通して、壮大な叙事が紐解かれます。

「フォルナセッティ」との コラボレーションデザインは、ニコラ・ジェスキエールが、フォルナセッティ・アトリエのアーティスティック・ディレクター、バルナバ・フォルナセッティとそのチームと話し合い、ミラノの13,000点におよぶアーカイヴから選び抜いたフォルナセッティ特有のテーマとアートワークをフィーチャーしています。

コレクションの服とアクセサリーは、色とテクスチャー、またジャカード織り、刺繍、レーザープリンティングを含む伝統的および最新の技法を組み合わせ、フォルナセッティが絶妙に描き出した世界に、ニコラ・ジェスキエールの現代的なデザインを織り交ぜました。




ニコラ・ジェスキエールは次のようにコメントしています。「このコラボレーションでは、フォルナセッティのアーティスティックな世界が放ち続ける現代性を呼び起こす作品を用いたいと思いました。フォルナセッティの不朽の作品群は、目覚ましい手描き技法と魔術的世界観の実現であり、フォルナセッティが古典主義や古代ローマの遺産を再探求・再加工して歴史的画像に新たな引用法を加えるその手法に特に惹かれます。過去と現在と未来を同時に想起させるファッションの能力を常に愛してきたデザイナーとして、私はこのクリエイティブな『パリンプセスト』に新たな諸層を加えたいと思いました。」

2021秋冬ウィメンズ・コレクションはこちらからご覧いただけます:
https://tinyurl.com/y7ywn2d6

【ルイ・ヴィトンについて】
1854年の創業以来、ルイ・ヴィトンは、革新とスタイルを組み合わせた独自のデザインを常に最高級な品質で提供し続けています。現在もトラベルラゲージ、バッグ、アクセサリーなどの製品を通じて、クリエイティブでありながらエレガントで実用的という、創業者ルイ・ヴィトンが生み出した「の真髄(こころ)」という精神を忠実に受け継いでいます。ルイ・ヴィトンというストーリーを作り上げたのは「大胆さ」でした。伝統を重んじ、歴史の中で建築家アーティスト、デザイナーに門戸を開き、プレタポルテ、シューズ、アクセサリー、ウォッチファインジュエリーフレグランスなどの分野を開拓してきたのです。これらの丁寧に製作された製品は、ルイ・ヴィトンがクラフツマンシップにいかにこだわりを持ってきたかという証となっています。
詳細は、ルイ・ヴィトン 公式サイトhttps://www.louisvuitton.comをご覧ください。

【お問合せ先】
ルイ・ヴィトン クライアントサービス
0120-00-1854



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。
PR TIMES
    ページトップへ