代々木上原の人気パン屋が作った“毎日のパンカタログ”、150種類を超えるメニューを収録

2015.11.11

東京代々木上原の人気パン屋・カタネベーカリーが11月5日、初めての書籍『毎日のパン』(1,400円)を発売した。

カタネベーカリーは、02年に当時28歳の夫妻が代々木上原の住宅街にオープンしたパン屋。地元住民の定番店でもある同店は、雑誌のパン特集の常連でもあり、週末には行列が出来るほどの人気店となっている。現在のパンブームを牽引する存在として知られ、ブルーボトルコーヒー(BLUE BOTTLE COFFEE)にもパンを提供するなど、活動の場を広げている。

今回発売される書籍は、同店が販売している全商品を収録した“パンカタログ”。「毎日べても飽きないパンを、毎日コツコツ作り続ける」というモットーから生まれたパンやサンドイッチ焼き菓子、季節限定商品など150種類が、オールカラーの写真と丁寧な解説で紹介されている。また、地下にて営業しているカタネカフェで提供されているパンメニューのレシピや店主夫妻のコラムも収録されている。

【書籍情報】
『毎日のパン』
著者:カタネベーカリー
出版社:株式会社アダチプレス
言語:日本
ソフトカバー/136ページ/B6変型判
発刊:2015年11月5日
価格:1,400円
HEW
  • カタネベーカリーが初めての書籍『毎日のパン』(1,400円)を発売
  • カタネベーカリーが初めての書籍『毎日のパン』(1,400円)を発売
  • カタネベーカリーが初めての書籍『毎日のパン』(1,400円)を発売
  • カタネベーカリーが初めての書籍『毎日のパン』(1,400円)を発売
  • カタネベーカリーが初めての書籍『毎日のパン』(1,400円)を発売
  • カタネベーカリーが初めての書籍『毎日のパン』(1,400円)を発売
ページトップへ