インテリアデザイナー森田恭通がパリで初個展。撮りためた写真作品を展示

2015.11.17

インテリアデザイナーの森田恭通が、仏パリにて11月12日より、初の個展『Porcelaine Nude』を開催し、自身の写真作品を初めて公開した。場所は、アレキ
サンダー・マックイーンなどのハイブランドのショールームとして、またパリコレクション会場として利用される北マレのスペース、Espace Commines。森田恭通がこれまで見せてきた煌びやかな世界観とは異なる、新しい局面を示す興味深い内容となった。

20年来写真を撮ってきたという森田恭通は、今までの光と影のアングルを切り取るというコンセプトを守りつつ、今回は特にモノクロの接写ヌード写真を用いることで、一見してそれが何であるかを認識するのに一考を要する内容にしたという。これまでに多くのフランス人とコラボレーションをしてきた森田は、「相手に考察を要求するようなフランス人のコミュニケーション方法が興味深い」と語り、フランス人との親交が、今回のエキシビションのコンセプトに少なからず影響を与えたようだった。

当日は、8種類のプラチナプリント写真作品(各4枚限定)と、大判ピエゾプリント写真作品(13種、各1点のみ)、それらをあしらったスツール(10種、各1点のみ)と、大判の写真作品をセットすることのできるコーヒーテーブル(オープン・エディション)、そしてリモージュ産磁器の最大手、ベルナルドーとのコラボレーションの写真プリントプレート(8枚組、4セット限定)を披露。特にベルナルドーとの共同作業では、長い歴史と工房の技術に大いに触発されたという。

今回パリ同時テロの事件を受け、フランス政府からの3日間の公共施設閉鎖命令により、15日まで開催予定のところ2日間で終了したが、今年に入りフランス観光親善大使に就任した森田恭通は、今後フランスを活躍の場とする機会が益々増えていきそうだ。


各作品はホームページyasumichimorita.comでも購入可能
Tomoaki Shimizu
  • 森田恭通 初の個展『Porcelaine Nude』
  • 森田恭通 初の個展『Porcelaine Nude』
  • 森田恭通 初の個展『Porcelaine Nude』
  • 森田恭通 初の個展『Porcelaine Nude』
  • 森田恭通 初の個展『Porcelaine Nude』
  • 森田恭通 初の個展『Porcelaine Nude』
  • 森田恭通 初の個展『Porcelaine Nude』
  • 森田恭通 初の個展『Porcelaine Nude』
  • ルシアン・ペラ・フィネと一緒に。過去に切子のグラスと花瓶でコラボレーションしたことがある。
  • 展覧会の協賛はモエ・エ・シャンドン。
ページトップへ