ルイ・ヴィトンを象徴する2つのアイコンが1つに。「タンブール モノグラム」コレクションに新作が登場

2021.02.27

ルイ・ヴィトンを象徴する2つのアイコン——それは、1896年に誕生した「モノグラム」、そして2002年にドラム(太鼓)から着想を得たフォルムが特徴のウォッチ「タンブール」。このたび、メゾンを語る上で欠かすことができないこれらのアイコンが1つになったウォッチ コレクション「タンブール モノグラム」に新作が登場しました。

さりげないエレガンス、そして誰もが一目で分かる独創的な個性が融合した新たなデザインウィメンズモデルの「タンブール モノグラム ブラウン & ゴールド」には、ラグとリューズにピンクゴールドを使用することで、ラグジュアリーかつフェミニンな印象に。また、メンズ・モデルの「タンブール オトマティック モノグラム・エクリプス」は、グレーPVDコーティングが施されたケースにサンドブラストをかけたマット仕上げを施し、シックで洗練された雰囲気に。


文字盤は両モデル共に、メゾンのウォッチメイキングアトリエ「ラ・ファブリク・デュ・タン ルイ・ヴィトン」が誇る文字盤職人の熟練した技術によって製作され、メゾンならではのアイコニックなモノグラム・キャンバスの質感までもが文字盤の小さな世界にも忠実に表現されています。

コレクションは、公式サイトwww.louisvuitton.comおよび一部のルイ・ヴィトン ストアにてお求めいただけます。


品名:「タンブール モノグラム PM ブラウン & ゴールド」
価格:65万7,000円(税抜き) ※ストラップにより価格が異なります
素材:SS(ブラウンPVDコーティング)、PG、モノグラム・キャンバス ストラップ
ケース径:28 mm
ムーブメント:クオーツ
機能:時、分、秒
防水:100 M
https://jp.louisvuitton.com/jpn-jp/products/tambour-monogram-28mm-nvprod2780013v


品名:「タンブール モノグラム MM ブラウン & ゴールド」
価格:70万2,000円(税抜き) ※ストラップにより価格が異なります
素材:SS(ブラウンPVDコーティング)、PG、モノグラム・キャンバス ストラップ
ケース径:34 mm
ムーブメント:クオーツ
機能:時、分、秒
防水:100 M
https://jp.louisvuitton.com/jpn-jp/products/tambour-monogram-34mm-nvprod2780014v


品名:「タンブール モノグラム GM ブラウン & ゴールド」
価格:74万7,000円(税抜き) ※ストラップにより価格が異なります
素材:SS(ブラウンPVDコーティング)、PG、モノグラム・キャンバス ストラップ
ケース径:39.5 mm
ムーブメント:クオーツ
機能:時、分、秒
防水:100 M
https://jp.louisvuitton.com/jpn-jp/products/tambour-monogram-395mm-nvprod2780015v


品名:「タンブール オトマティック GM モノグラム・エクリプス」
価格:63万2,000円(税抜き) ※ストラップにより価格が異なります
素材:SS(グレーPVDコーティング)、エクリプス・モノグラム キャンバス ストラップ
ケース径:41.5 mm
ムーブメント:自動巻き
機能:時、分、秒
パワーリザーブ:42時間
振動数:28,800回/時
石数:25石
防水:100 M
https://jp.louisvuitton.com/jpn-jp/products/tambour-monogram-eclipse-nvprod2780016v

【お問合せ先】
ルイ・ヴィトン クライアントサービス
0120-00-1854

#LouisVuitton #ルイヴィトン

ルイ・ヴィトンについて
ルイ・ヴィトンについて1854年の創業以来、ルイ・ヴィトンは、革新とスタイルを組み合わせた独自のデザインを常に最高級な品質で提供し続けています。現在もトラベルラゲージ、バッグアクセサリーなどの製品を通じて、クリエイティブでありながらエレガントで実用的という、創業者ルイ・ヴィトンが生み出した「の真髄(こころ)」という精神を忠実に受け継いでいます。
ルイ・ヴィトンというストーリーを作り上げたのは「大胆さ」でした。伝統を重んじ、歴史の中で建築家アーティストデザイナーに門戸を開き、プレタポルテ、シューズ、アクセサリー、ウォッチ & ファインジュエリーフレグランスなどの分野を開拓してきたのです。これらの丁寧に製作された製品は、ルイ・ヴィトンがクラフツマンシップにいかにこだわりを持ってきたかという証となっています。

詳細は、ルイ・ヴィトン 公式サイトwww.louisvuitton.comをご覧ください。



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。
PR TIMES
    ページトップへ