ラファエル前派に巨匠が描いた“水”にまつわる美女100人を集めた画集【NADiffオススメBOOK】

2015.11.12

各ブックストアがFASHION HEADLINE読者に向けて「今読むべき1冊」をコンシェルジュ。毎週木曜日は、アート・ブックショップ「ナディッフ(NADiff)」各店がオススメする1冊をご紹介。今回は東京・渋谷の支店 NADiff modern(東京都渋谷区道玄坂2-24-1 Bunkamura地下1階)です。

■『水の女』高宮利行

19世紀中頃、表現方法の自由が規制されたヴィクトリア朝のイギリスで、ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ、ジョン・エヴァレット・ミレイ、ウィリアム・ホルマン・ハントら3人を画家を中心に、当時の抑圧的アカデミズムに反発し、明るい色彩や精密な描写によってラファエロ以前の率直で誠実な初期ルネサンス絵画を理想とする「ラファエル前派兄弟団」が結成された。彼らの描く美しくも妖艶な女性像は驚くほど繊細で、一瞬にして観る者の心を奪う強い魅力を持っている。

本書は、ラファエル前派や世紀末の画家たちが描いたセイレーンやマーメイド、異教のヴィーナスなどの“水の女”にまつわる作品だけを100点以上を集め掲載。同じ主題でありながら、画家によって変化する女性像を見比べる事ができる。

ラファエル前派には不可欠な、神話や詩に出てくる“水の女”によって、よりラファエル前派の特色を深く感じることのできる異彩を放った1冊だ。

12月22日から2016年3月6日まで、東京・渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムにて「英国の夢 ラファエル前派展」が開催される。リバプール国立美術館の所蔵品からラファエル前派及び、追随舎者たちの油彩・水彩など60数点を紹介し、近代における英国美術の「英国らしさ」を「英国の夢」をキーワードに浮き彫りにしていくこの展覧会を、本書とともにご覧頂きたい。

【書籍情報】
『水の女』
解説:高宮利行
発行:エディシオン・トレヴィル/河出書房新社
ハードカバー/112ページ/A4
発刊:2006年11月
価格:税込3,780円

【イベント情報】
「英国の夢 ラファエル前派展」
会期:12月22日~2016年3月6日
会場:Bunkamura ザ・ミュージアム
住所:東京都渋谷区道玄坂2-24-1
時間:10:00~19:00(入館は18:30まで、金曜・土曜は21:00まで※1月2日は除く)
料金:一般1,500円、大学・高校生1,000円、中学・小学生700円
休館日:1月1日、25日
NADiff
  • 『水の女』高宮利行
  • 『水の女』高宮利行
  • 『水の女』高宮利行
  • 『水の女』高宮利行
ページトップへ