フォトフェス・STEP OUT!、青山で5日開催。森山大道、田中義久らトーク&セミナー

2014.10.04

東京青山にある京都造形芸術大学の外苑キャンパスで、フォトフェスティバル「STEP OUT!」が10月5日に開催される。

このイベント写真雑誌『IMA』で特集された、写真家向けのステップアップガイド「STEP OUT!目指すは世界!トップ写真家への道」から立ち上げられたもの。会場では写真家や批評家、キュレーターなどによるトークセッションやセミナーを開催。ワークショップでは若手写真家に向けたレクチャーが催される。

トークショーは全部で三部構成となっている。写真家の鷹野隆大が得意とするポートレート作品の魅力について、批評家の布施英利が語る「現代写真の向かう先」。ライフワークとする「記録」シリーズとともに歩んできた写真家の森山大道が半生を語る「夜明け前のDAIDO ―『記録』をたどりながら―」。ロシア出身の写真家アレキサンダー・グロンスキーなどが、現代におけるランドスケープ写真の可能性について話し合う「境界線上のランドスケープ」。

いずれも開催は1時間30分を予定しており、定員は80名までの先着順となる。参加費は一般が2,000円、雑誌『IMA』定期購読会員が1,600円。

一方、セミナーについても全3回の講義を予定。時代とともに変化する展示表現について、写真家の北島敬三がナビゲートする「写真家に必要なプリントとは―写真展示の必要条件―」。アートサイト「Ocula」で日本担当を務める津田礼沙などが、海外を見据えたサイト作りのポイントをアドバイスする「世界のアートマーケットの今とこれから―アート× ITの新たな動き―」。国内外のフェスティバルでの作品発表について、その方法やギャラリーとの関係性などを写真家の西野壮平が解説する「写真家として世界を舞台に活動すること、写真家と世界で仕事をすること」。

「写真家に必要なプリントとは―写真展示の必要条件―」は1時間の講義となっており、定員は50名まで、参加費は無料。それ以外は1時間30分の講義となり、定員は60名まで、参加費は一般が1,000円、雑誌『IMA』定期購読会員が800円となる。

ワークショップではアートディレクターとして様々な写真集を手掛けてきた田中義久が、そのノウハウとプロセスを紹介。写真家の横田大輔による写真集プロモーションについてのレクチャーも行われる。開催は1時間30分から2時間。定員は30名で、参加費は一般が2,000円、雑誌『IMA』定期購読会員が1,600円となる。

さらに、田中のワークショップでは定員の中から5名限定で、過去に作った作品集や、製作予定のダミーブックを講評してもらうことも可能。この“プレゼンテーション有”プランを選択した場合、追加の参加費は一般が2,000円、雑誌『IMA』定期購読会員が1,600円となる。
HEW
  • フォトフェスティバル「STEP OUT!」のフライヤー
  • 森山大道さん
  • Alexander Gronsky
  • 北島敬三
  • 津田ラサ
  • タカザワケンジ
  • 横田大輔
  • 田中氏
  • 長澤氏田中氏
  • 鷹野隆大
  • ホンマタカシ
  • 小高美穂
  • 松本知己
  • 西野壮平
  • フォトフェスティバル「STEP OUT!」のフライヤー
  • フォトフェスティバル「STEP OUT!」のフライヤー
ページトップへ